これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

差し歯で保険適用外だと費用はどれくらい?保険外の材質と特徴

0527sashiba

差し歯は保険適用外のものがほとんどです。

費用も材質によってかなりの開きがあります。

健康保険では、美容目的の処置は保険適用が認められていないため、見た目の美しさを求めたものは優れた耐久性を持たせているために高額な差し歯などは保険外となっています。

スポンサードリンク

しかし、前歯など目立つ所は本物の歯にそっくりな物にしたいという要望も多いため、保険適用外の差し歯を使用している方も多いです。

そこで、保険適用外となる差し歯の料金及び材質・特徴について紹介します。

差し歯の保険適用外の値段

差し歯の保険適用外の値段は物によってかなり違います。価格が高いのはもちろん保険が効かないということもありますが、保険適応の差し歯とは見た目と耐久性が違います。

値段
保険適用される差し歯なら1本3千円程度からあり、保険適用外のものは、決まった料金はなく、それぞれの歯科医院で変わってきます。

材質によって4万円~20万円が相場で、審美性や耐久性の違いで価格には大きな差があります。

金歯・ハイブリッドセラミッククラウン     4万円~12万円
オールセラミッククラウン                       8万円~16万円
メタルボンド                                         10万円~20万円
ジルコニアクラウン                                10万円~20万円

差し歯の保険適用外のものの材質

差し歯の保険外で高価なものになると本物の歯と区別がつかないくらいです。

保険適用の差し歯を、数年ごとに取り替えながら使うのなら、長期的スパンで考えると、保険適用外の差し歯にした方が安く済むという場合もあります。

歯医者さんに通うトータルの時間もかなり違ってきますので、費用と時間において保険適用外の方がお得になる場合が多いです。

材質には大きく分けると以下の5つがあります。


金歯(ゴールドクラウン)
純度の低い金や金と白金の合金で作られた差し歯です。

金属ならではのしっかりした硬さと「金」特有の柔らかさを兼ね備え、長持ちしてかつ噛み合わせた他の歯を痛めづらいという特徴があります。

保険適用される銀歯と比べると、より高品質な金属を使用している分、耐久性が非常に高く、ほとんど錆びる心配もいりません。

銀歯のように金属が溶け出したり、金属アレルギーを引き起こすリスクが格段に低くなります。

奥歯などあまり目立たない部位で、長持ちして価格的には安いものというのであればこちらになります。

ハイブリッドセラミッククラウン
レジンというプラスチック素材にセラミック粒子を混ぜあわせたもので出来ていて、強度と見た目を向上させた差し歯です。

保険適用の差し歯に比べると白さや強度などは高く、噛み合う歯を傷めにくく、保険適用外の中では安価な部類となります。

もちろん金属が含まれていないため、金属が溶け出したり、金属アレルギーを引き起こすことはありません。

しかし、強度は高いのですが、噛み合わせによっては使えないですし、何年か経過すると、自然と黄色く変色してしまいます。

オールセラミッククラウン
セラミック、いわゆる「陶器」の差し歯です。素材を組み合わせずにセラミックのみなので「オール」な訳です。セラミックは汚れが付きにくく、何年使用しても変色もしません。本物の歯とほとんど見分けがつかないレベルの非常に見た目が美しい差し歯を作ることが出来ます。しかし、高価ですが割れやすいという欠点があります。

メタルボンド
オールセラミッククラウンの中を金属にしたものです。

そのため見た目が美しく、オールセラミッククラウンの欠点である耐久性にも優れています。

なので強く噛み合わせる場所にも使用することができます。

しかし、オールセラミッククラウンに比べると色調は劣ります。

本物の歯より硬いので、周りの歯や噛み合う歯を痛めてしまうリスクがあります。

中に金属を使用しているので、種類によっては、金属が溶け出したり、金属アレルギーを引き起こすリスクがあります。

ジルコニアクラウン
オールセラミッククラウンの中を金属にしたものがメタルボンドですが、金属の代わりにジルコニアという非常に固い素材のものを使用したものがジルコニアクラウンです。

金属を一切使用しないので、金属が溶け出したり、金属アレルギーを引き起こすリスクがなくなります。

透明感があり、ほとんど変色しません。

オールセラミッククラウンの良さがあって、金属を使用しないメリットもあります。

欠点はオールセラミッククラウンに比べると色調がやや劣る点です。

本物の歯より硬いので、周りの歯や噛み合う歯を痛めてしまうリスクもあります。

また、作成者の技術力の差が出やすいこともデメリットでしょう。

作成者のレベルが低いと見た目の美しさに影響が出ます。

>>差し歯で保険が効く場合の値段はいくら?材質と適用範囲は?

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 ,