これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

台風の影響で飛行機が欠航となる基準は?払い戻しはどうなるの?


台風の影響で飛行機が欠航する場合、どのような基準で欠航は決まるのでしょうか?

台風シーズンになるとニュースや天気情報などで飛行機が欠航となり、空港で一夜を明かす人達が映し出されたりしますが、空港に行く前に欠航とわかれば良いのに、事前にはわからないものなんでしょうか。

そこで、台風の影響で飛行機が欠航となる基準と欠航となった場合の払い戻しはどうなるのかについて紹介します
また、台風で飛行機が欠航する確率についても紹介します。

スポンサードリンク

台風で飛行機が欠航となる基準

統一したものはない

台風で飛行機が欠航となる基準は航空会社によって違っていて、統一したものはありません。また機種によってもそれぞれ基準が違います。

飛行機が離陸や着陸をする空港に台風が直撃する場合は、欠航するかどうかは多くの場合に空港の滑走路の状態によって決められます。

事故を防ぐために、風にあおられることで離陸時や着陸時の操縦が不安定になりそうな場合は欠航が決まります。霧などで滑走路が見えにくい場合も、欠航になったり着陸しないで元の空港に引き返したりします。

離陸と着陸の安全を確保するために、離陸または着陸を行う空港が風速25m以上の暴風域に入っている場合は欠航になります。台風でない場合でも、風速25m以上の風が吹いている場合は飛行機が欠航になる可能性があります。

数時間後に台風が空港を直撃するような進路になっていれば、多くの場合に各航空会社から事前にアナウンスされます。

機種による違いとは?

飛行機は機種によってそれぞれ風速何m/sの横風までなら離着陸ができるというものがあります。離着陸直前に横風にあおられると、翼が地面に付着して大事故につながる危険性があるため、横風制限があります。離着陸には横風が15~20mで影響が出るといわれています。

例を挙げると乾いた滑走路状態で横風が風速17m/sだったとします。
同じ空港からJALはボーイング777、ANAはボーイング767が飛び立つ予定だったとします。
この場合、
JALの777は乾いた滑走路状態で横風制限が風速約19m/sなので離陸できます。
ANAの767は乾いた滑走路状態で横風制限が風速約15m/sなので欠航となります。

このように同じ空港でも航空会社によっては離陸、欠航というようなこともありえます。
これは離陸予定の機種による違いですね。もちろん、横風だけで判断するわけではなく、それぞれの航空会社によって様々な基準があり、機種が横風制限をクリアしていても欠航となる場合はあります。

欠航はいつ決まるの?

台風で飛行機が欠航となるのが決まるのは、離陸予定時間の30~60分前だったりします。
台風のコースが空港を直撃する予定の場合であれば、あらかじめ航空会社から欠航のアナウンスが出る場合が多いです。しかし、航空会社は慈善事業ではないのでなるべく飛ばしたいのが本音です。できるだけ飛ばしたいので、直前まで飛ばないという判断をくださないのが実情です。

最終的な判断は運転するパイロットに委ねられることが多いので、パイロットの知識や経験の差によっても飛ぶ、飛ばないは変わってきます。

スポンサードリンク

台風で飛行機が欠航した場合の払い戻しは?

条件付きで可能

台風で飛行機が欠航した場合、飛行機代の払い戻しはしてくれるのかというと、JALやANAといった大手、格安航空会社ともに条件付きで可能です。

JALやANAといった大手では予約便出発予定日から10日以内に手続きを済ませると手数料をかけないで払い戻しを行ってもらうことができます。格安航空会社の場合、航空会社によって払い戻しの期限が違います。

予約の変更も可能

JALやANAといった大手では払い戻しだけでなく予約の変更も可能です。

台風だけでなく吹雪などの悪天候で欠航した場合、同一の航空会社に限りますが、予約の変更が可能です。

欠航となった搭乗便の翌日から30日以内で変更ができます。格安航空会社の場合、航空会社によって予約変更の期限が違います。

払い戻し・予約の変更の手続き

欠航がわかり、手続きする場合、空港内の各航空会社のカウンターで手続きをしてもらえます。

しかし、同じように手続きをしてもらおうとする人がたくさんいるので、カウンターは大混雑します。

航空会社のコールセンターかWebサイトでもできますし、航空券を購入した旅行代理店窓口でもできることがほとんどです。

台風で飛行機が欠航する確率は?

1%前後

国土交通省では、「特定本邦航空運送事業者に係る情報」として、飛行機の欠航率を公表しています。公表は四半期ごとで、7月~9月のデータを見れば台風による欠航がほとんどなので確率の参照となるでしょう。

このデータによると欠航率は平成28年の7~9月は1.05%でした。概ね例年1%前後となっています。

台風で飛行機が欠航する確率は、100回に1回程度となっています。

>>台風が温帯低気圧になると台風情報終了?温帯低気圧に変わるしくみとは?

>>台風が来ないと困るのはなぜ?台風のメリットとデメリットとは?

>>避難勧告とは?誰が出しているの?避難指示とはどう違うの?

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 生活 ,