これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

散髪の時、髪型の注文の仕方はどのように頼めば良い?

sannpatubasami2

散髪の時、髪型の注文の仕方が悪いのか、思い通りの髪型にならなかったという経験は多くの方がしているのではないでしょうか?

具体的に伝えないと同じ注文の仕方でも、散髪してくれる店員さんの感性の違いによって髪型はかなり違ってきてしまいます。

その髪型が自分の希望とかけ離れないようにするためにも、散髪の注文の仕方はなるべく具体的に伝える必要があります。

具体的な注文の仕方を紹介します。

スポンサードリンク

髪型の注文の仕方がわからない


散髪屋さんで最初に「どうしますか?」と聞かれますよね?

その時に「適当に」とか言っている方が意外に多いのです。

どのような注文の仕方をすれば良いのかわからず、つい「適当に」とか「おまかせで」なんて言って、満足しないで帰ってきている方が多いのです。

そもそも、散髪に行ったときにどのように散髪してもらいたのか、どんな髪型を頼んだら自分には似合うのかがわからない。

したい髪型の頼み方がわからないという悩みがあるため散髪に行くこと自体がおっくうになってしまっている方が意外にも多いのです。

散髪屋さんはどのように思っているのか?


では、散髪してくれる店員さんはどう思っているのでしょうか?

店員さんのほとんどが「普通に」とか「適当に」とかの注文の仕方が一番困るそうです。

どのように散髪すれば気に入ってもらえるかわからず散髪をしていくのは大変なんだそうです。

散髪してくれる店員さんとあなたのイメージが一致することはかなり難しいことです。

店員さんとしては写真などを持ってきてもらうのが一番助かるそうです。

スポンサードリンク

画像で示してもらうとこういうイメージに散髪してもらいたいんだなあというのがわかり、散髪し易いのだそうです。また、その写真などからこのお客さんは、こういう風にしたいんだなと察しがつくので、具体的な髪型の提案もしやすくなるそうですよ。

どんな髪型を頼んだら自分に似合うのかがわからないのなら相談してみましょう。

店員さんはプロです。似合いそうな髪型を提案してくれますよ。

その時にしてもらいたい髪型のイメージがなんとなくあるのなら伝えましょう。

別に専門用語を使う必要もありませんし、完璧な説明をする必要もありません。ぼんやりとでも構いませんのでイメージを伝えるようにしましょう。

具体的な注文の仕方


散髪するのに雑誌や写真を持って行って、「このようなイメージの髪型にして下さい。」と言うのは嫌という方もいらっしゃるでしょう。
というか男性ではかなり多いです。

そうなると口頭でしっかりと伝えるべきことは伝えないといつまで経っても思い通りの髪型にはなりません。

散髪の具体的な注文の仕方として、耳が出るか出ないか、刈り上げるのか刈り上げないのかをはっきりと伝えましょう。

刈り上げる場合ならどのくらいまで刈り上げるのかを伝えましょう。

サイドを指差して、この辺りまでと具体的に注文をした方が失敗しません。

刈り上げをしないのなら、前髪とサイド、それにトップをどのようにするのか希望を伝えましょう。

前髪の長さとサイドを具体的に伝え、後ろはそれに合わせて散髪してもらえば、バランスよく仕上げてくれますよ。

色々と注文すると面倒くさい客だなと思われるなんてことを気にする方もいます。

しかし、これは間違いで、散髪してくれる店員さんからしてみれば、具体的に注文してもらった方が散髪しやすいのです。

遠慮無くどんどん注文をだしてあげてくださいね。

まとめ


散髪の注文の仕方が悪いせいなのか、思い通りの髪型にならなかったという経験は多くの方がしています。

散髪する店員さんとしては、写真などを持ってきてもらうと、こういうイメージで散髪してもらいたいんだなあというのがわかり、散髪し易い。

具体的にどんどん注文をだしてもらった方が散髪しやすいので、遠慮をせず、注文をだしてあげましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 生活