これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

腕の脱毛法 自宅で自分で出来る様々な方法と注意点

udedatumou

腕の脱毛法っていろいろあるのですが、どれが良いのでしょう?

腕のムダ毛って「この人毛深いのかな?」って思われるきっかけになることが多いそうですよ。

腕は比較的人目にふれる部分で、暖かくなると露出する機会が増える部分なので、お手入れは必須ですね。

スポンサードリンク

腕の脱毛法で、かみそりで剃る場合、毛抜きの場合、除毛クリーム、脱毛ワックス、家庭用脱毛器を使って、自宅で自分で行う場合の注意点を紹介します。

腕の脱毛法、かみそりで剃る場合の注意点


腕の脱毛法でかみそりで剃る場合の注意点ですが、切れ味の悪くなったかみそりは、肌を傷つけてしまうので使用しないようにしましょう。

毛の流れに沿って剃るようにしてください。
よくきれいに剃れるからといって逆剃りする方がいますがやめてください。

逆剃りすると場合によっては雑菌が入って炎症を起こしてしまう恐れがあるからです。

また、剃る時は肌の温まっている状態、入浴時などに行いましょう。
処理する部分をきれいにしてからシェービングフォームなどをつけて剃りましょう。

ここでの注意点ですが、よく石鹸を使ってしまう方がいるのですが、石鹸は肌の油分を取ってしまうため、肌を傷つけやすいのでやめてください。

かみそりで剃った後の腕は、とてもデリケートに状態なので、刺激の少ない保湿剤でしっかりと保湿するようにしてください。

腕の脱毛法、毛抜きの場合の注意点


腕の脱毛法で毛抜きを使うとかみそりで剃った場合と違い、とてもきれいに見えます。

腕の脱毛法で毛抜きの場合の注意点ですが、まず、蒸しタオルなどで温めて、毛が抜けやすいようにします。

抜き方ですが、毛の流れに沿って抜いてください。
逆向きに抜いてしまうと、根元から抜けない場合が多いです。

そうすると、埋没毛というものになってしまい、最悪、お医者さんで処置してもらわなければいけないこともあります。

腕の脱毛法として毛抜きで行なった場合、皮膚が赤くなってしまう方がいます。

スポンサードリンク

このような場合には、冷たいタオルで冷やし、ローションなどで保湿してください。

腕の脱毛法、除毛クリームで行う場合の注意点


腕の脱毛法で除毛クリームで行う場合の注意点ですが、かならず毎回パッチテストを行うことです。

肌は強いから大丈夫とか、前回大丈夫だったから今回も・・・なんて思ってしようすると思わぬトラブルが見舞われることがあります。

特に女性の方は、生理などによって体調が変化して、かぶれを起こしたりするので、必ず毎回パッチテストを行うようにしてください。

腕の脱毛法で除毛クリームを使う時は、乾いている状態の肌に塗ってください。

肌が濡れている状態で除毛クリームの塗ると効果が弱くなってしまうことがあります。

量はたっぷりと塗らないと毛を溶かしきれない場合もあるので、ケチらないことが大切です。

除毛クリームを使用した肌はとてもデリケートなので、当日、日光にあまり当たらないようにしましょう。

腕の脱毛法、脱毛ワックスで行う場合の注意点


腕の脱毛法で脱毛ワックスで行う場合の注意点ですが、除毛クリーム同様にかならず毎回パッチテストを行うようにしてください。

腕を清潔にしておき、長すぎる毛は5mm程度にあらかじめハサミでカットしておきましょう。

ワックスを塗る前に肌を温めておくと、毛穴が開き、毛が抜けやすくなりますし、肌への負担も少なくなります。

ムラなくワックスを塗って、剥がす時は毛の流れと逆方向に一気に剥がすようにしてください。

脱毛ワックスの素晴らしいところは、腕の脱毛と一緒に古い角質も剥がれることです。

古い角質が剥がれることで、肌のくすみも取れます。

しかし、肌が弱い人は赤くなってしまうこともあります。

脱毛ワックスした後は、冷たいタオルなどで冷やすなどして肌をクールダウンさせてください。

腕の脱毛法、家庭用脱毛器で行う場合の注意点


腕の脱毛法で家庭用脱毛器で行う場合の注意点ですが、家庭用脱毛器といっても様々なタイプのものがあります。

毛抜きのようにローラーで抜くものも家庭用脱毛器ですし、エステサロンで行われているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛、サーミコン脱毛などができるものもあります。

ご自分の肌にあったものでないと家庭用脱毛器は高額なものが多いですし、カートリッジの付け替えが必要な物がほとんどなので、コストがかなりかかったり、無駄な買い物になりかねませんので、気をつけて購入するようにしましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 ,