これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

発酵食品の効果と加熱との関係 便秘解消できるの?

yoguruto

発酵食品が体に良いというのは聞いたことがあると思います。

栄養価の消化吸収を良くしてくれたり、病気の予防にも効果的です。

私たちの体にとっても良い発酵食品ですが、発酵食品には私たちの体にとってどのようなの効果があるのか?

スポンサードリンク

また発酵食品を加熱した場合、どうなってしまうのかを紹介します。

あわせて発酵食品が便秘解消に役立つということも紹介します。

発酵食品の効果とは?


発酵食品は風味、保存性が高まるし、微生物のもつ酵素の働きで体に良い食べ物であることから日本では昔から食べられていた健康食品といえます。

発酵食品の効果は様々ですが、まずは腸内環境を整えてくれることでしょう。

腸内環境を整えてくれることで、栄養の消化吸収が良くなりますし、血中コレステロール値の低下や免疫力のアップ、さらに便秘解消などの効果があります。

発酵食品は善玉菌を増やしてくれます。
善玉菌といえばヨーグルトを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

最近の研究では、ヨーグルトなどに、2型糖尿病の発症リスクを下げたり、免疫力を高めインフルエンザを予防する働きがあることが判明したりしています。

発酵食品の効果は、日本だけではなく、海外でもその機能性に注目が集まっています。

発酵食品と加熱との関係


発酵食品の多くが、製造の過程で酵母や乳酸菌などを使用しています。
その産物として酵素ができます。

この酵素が作用することで、多くの栄養成分を生み出してくれます。
しかし、酵素は熱に弱いため、加熱すると壊れてしまいます。

乳酸菌や酵母菌などの有用菌は加熱によって死滅してしまうものが多いです。

酵素を効率よく摂取するためには、加熱されていない発酵食品を摂取する必要があります。

スポンサードリンク

発酵食品の多くが長期の保存が可能ですし、加熱処理をしなくても食べることができます。

チーズやヨーグルト、それに納豆やキムチなどは加熱しなくても食べれる発酵食品ですね。

発酵食品には植物性と動物性があります。

チーズやヨーグルトは動物性で、生きたまま腸に辿り着くことはほとんどなく、その前に胃酸などにやられてしまう可能性が低くありません。

その点、植物性の発酵食品に含まれる乳酸菌は非常に丈夫で酸や熱には簡単にはやられません。

植物性乳酸菌の宝庫とも言えるのがキムチです。

ほかに国内産の味噌や醤油の中にも、植物性乳酸菌発酵のものは多くあります。

加熱しないでも摂取できる発酵食品で、植物性を摂取するようにしましょう。

発酵食品で便秘解消


発酵食品には、腸内の善玉菌を活性化させて腸内環境を整える整腸作用があります。

そのため便秘解消に効果的です。

発酵食品は、消化酵素となって腸に働きかけます。
腸の動きが活発になると、善玉菌が増えますし便秘も解消されます。

発酵食品の中でもケフィアとカスピ海ヨーグルトなどは乳酸菌が腸まで届く確率が非常に高い発酵食品なので、便秘解消にはかなり適していると言えます。

発酵食品が便秘に役立つためには、腸まで届かないと意味がありません。

強い有用菌を持った発酵食品を出来るだけ加熱せずに食べる事により、乳酸菌の働きで便秘解消効果が期待できます。

発酵食品が便秘解消に効果があるのは有用菌による整腸作用があるからですが、それだけではありません。

酵素の持つ抗酸化作用などによって、腸の中の悪玉菌を排除し、善玉菌を増やしてくれていますので、結果便秘解消に繋がっているのです。

発酵食品は腸内環境を良くしてくれ、健康にも効果的で結果として便秘解消にもなっているのです。

発酵食品のレシピ一覧<楽天レシピ>

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 食品 , ,