これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

息を吸うと胸の骨が痛くなる原因には何があるの?

muneitai2

息を吸うと胸の骨が痛くなることがあります。

この場合、咳でも痛くなることがほとんどです。

呼吸をしただけなのに胸が痛いなんて心配になりますが、骨だったり、神経だったり様々な要因で痛みが発生します。

そこで、息を吸うと、特に深呼吸した時に胸の骨が痛くなる原因には何があるのかについて紹介します。

スポンサードリンク

息を吸うと胸の骨が痛い気胸

息を吸うと胸の骨が痛いのは、肺の一部が破れて空気がもれているからかもしれません。
肺を包んでいる胸膜に穴が開くことによって、肺の空気が外にもれてしまい、このときもれた空気が肺を圧迫して押しつぶしてしまい、突然胸が痛くなったり、呼吸が出来なくなったりすることを気胸(ききょう)といいます。

事故や怪我によるものではなく、自然と発症した気胸を「自然気胸」といいます。

自然気胸は、10代後半から30歳代の背が高い痩せ形の男性に多いと言われています。

また、肺気腫や肺がんなど、肺の病気が原因になって起きる気胸もあり、こちらは高齢者や喫煙者に多いです。

気胸の治療

息を吸うと胸の骨が痛くなることある気胸ですが、軽度で胸痛や呼吸困難の症状が残らなければ、自然治癒が期待出来る症状でもあります。

軽度でない場合には、入院の上で胸腔にゴム状の管であるドレーンを挿入し、胸腔内に溜まった空気を排出する必要があります。


息を吸うと胸の骨が痛い肋間神経痛

肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)は息を吸うと胸の骨が痛い場合があります。

肋骨に激しい痛みが伴います。

咳をした時にもみられます。

肋間神経痛は、息を吸うと肋骨に沿って片側の胸が痛くなる病気です。

症状がひどいと話すことも出来ないほどの痛みを伴います。

原因は肋骨骨折のほかに感染や圧迫、寒冷による神経痛、帯状疱疹などでなります。

また、腫瘍や大動脈瘤、脊髄腫瘍といった重度の病気の初期症状として、肋間神経痛になる場合もあります。

息を吸うと胸の骨が痛い骨折

呼吸すると胸の骨が痛い場合、折れていたり、ヒビが入っていることも考えられます。

胸のちょうど真ん中にある平べったい骨である胸骨の骨折や胸部全体を覆う骨で簡単に折れてしまうことがある肋骨が骨折していたり、ヒビが入ると深呼吸をした時に胸の骨が痛みます。

胸骨骨折と肋骨骨折についてはこちらの記事で紹介しています。

>>胸の骨が痛い胸骨・肋骨骨折とは?

1009muneitai

息を吸うと胸の骨が痛い胸膜炎・膿胸

胸の骨の痛みが咳をするとさらに強くなる傾向がある胸膜炎・膿胸という肺の病気があります。

これらは咳だけでなく、呼吸することによっても胸の骨の痛みを覚えることがあります。
胸膜炎・膿胸についてはこちらの記事で紹介しています。

>>胸膜炎・膿胸とは?

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 ,