これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

水虫は市販薬で完治するの?皮膚科に行った方がいい場合とは?

mizumusi

水虫は非常にありふれた病気で、日本人の10人に1人が水虫とも言われています。

それにも関われず、きちんと治療されずに放置している方が多い病気の一つとなっています。

水虫は初期の段階なら治りやすいのですが、放置していると爪やかかとにまで広がり治すのもやっかいになります。

スポンサードリンク

また、水虫になると、一緒に住んでいる人にも感染してしまう可能性があります。

水虫の原因と症状は何か?水虫は市販薬で完治するのか?

水虫で皮膚科に行った方がいい場合について紹介します。

水虫の原因と症状


水虫の原因は、カビの一種である白癬菌でとても感染しやすい病気です。

白癬菌が皮膚に寄生することで起こる症状を水虫と呼んでいます。

足はどうしても蒸れてしまいます。
その足に白癬菌が付くと角質層に侵入し、繁殖を始めます。

次に水虫の症状ですが、主なものは足の皮がめくれる、水泡ができる、かかとの角質が分厚くなるというものです。

「足の皮がめくれる」というのは、足の裏の皮がふやけて、めくれてきます。また、足の指の間というのは白癬菌が住みつきやすいため、足の指の間がかゆくなることが多くなります。

「水泡ができる」という症状は、足の裏にブツブツと水泡ができてしまいます。

これがかゆくて、この水泡がつぶれると、かさぶたになり、やがて皮膚が分厚くなっていってしまうという症状です。

「かかとの角質が分厚くなる」というのは、かゆみなどは無いにも関わらず、かかとの角質が分厚くなることで、いずれひび割れしていきます。

この状態にまでなると水虫の塗り薬では治りません。
皮膚科に行って飲み薬で治す必要があります。

スポンサードリンク

水虫は市販薬で完治するの?


水虫は市販薬で完治するの?と疑問に思っている方も少なくないのではないでしょうか。

少し前までは、水虫は病院でもらう薬でないと完治しないと言われていました。

しかし、数年前いくつかの医療用の水虫治療薬が一般用医薬品にスイッチされました。

治療効果の高い薬が薬局などでも手に入るようになったので、今は水虫は市販薬でも完治するようになったのです。

しかし、市販薬を使い、症状が治まったとしても、またすぐに再発してしまうことが多いのが水虫です。

この場合、多いのが適切な市販薬を使用していなかったり、塗り方が間違っている、使用を途中で止めたために再発を繰り返していることです。

もうひとつ市販薬を使用しても水虫が完治しないのは、水虫ではない場合です。

水虫の症状が出ているのにも関わらず、水虫と同じような症状が出ている場合があるのです。

水虫ではないのに勝手に水虫だと思い込んで、市販薬を使用していると完治するどころか、ますます悪化することもあります。

水虫のような症状が出たら、市販薬を使用する前に一度、皮膚科で診てもらった方が良いでしょう。

水虫で皮膚科に行った方がいい場合とは?


水虫の症状が現れ、市販薬を使い続けても、水虫が完治しないということがよくあります。

完治するどころか、ひどくなることもあります。

このような場合、実は水虫ではないことが多いです。

水虫かどうかの判断は素人では判別が難しいので、水虫の症状が出たら、これが本当に水虫なのかをまずは皮膚科でチェックしてもらいましょう。結果はすぐに出ます。

また、水虫は症状が治まったとしても、またかゆくなることが多いです。
これは菌がまだ住みついていたからです。

症状が治まったからといって薬の使用をすぐに止めてはいけません。
水虫の場合、1~2ヶ月くらいは薬を使い続けてください。

それでも改善がみられない場合、水虫ではない可能性がありますので、皮膚科で診てもらいましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 , ,