これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

朝起きると腰が痛いのはなぜ?高反発敷布団がおすすめな理由

kouhanpatu

朝起きると腰が痛い、普段はなんともないのに朝起きる時だけ痛い。

しかも、十分睡眠をとったにもかかわらず、疲れが取れていないなんてことありませんか?

その原因は敷布団にあるのかもしれませんよ。

スポンサードリンク

敷布団を変えるだけで、朝起きた時の腰の痛みから解放されるかもしれません。

朝起きると腰が痛いのはなぜなのか?

そういった方に高反発敷布団がおすすめな理由と選び方について紹介します。

 

朝起きると腰が痛いのはなぜ?

朝起きると腰が痛い、普段はなんともないのに朝起きると時だけ痛いという方がたくさんいます。

内臓の病気が原因という場合もありますが、ほとんど場合が
寝ている敷布団が柔らか過ぎる
ということが原因となって起きています。

敷布団が柔らかいと体をスッポリと包み込んでくれるイメージがあり、よく眠れそうと思う方も多いようですが、実際はそうではないほうが多いのです。

私たちは立っている時、背骨が自然なS字カーブを描いているので、腰に負担が集中しないようになっています。

しかし、寝る姿勢というのは、もちろん体を横にするわけですが、この姿勢は一番重いお尻が敷布団が柔らか過ぎると一番沈んでしまい、お尻や腰の部分に負荷が集中します。

お尻や腰の部分が沈む形は背中全体が曲がってしまう姿勢になります。

また、敷布団が柔らか過ぎると寝返りがしにくいのです。

無理に寝返りをしていることになるため、腰だけではなく、首や肩にも負担がかかっているのです。

このようなことが原因で、朝起きると腰が痛くなって、ひどいときには首や肩など体のあちこちが痛くなるのです。

十分睡眠時間をとったのに疲れが取れないという状態もこのようなことが原因です。

スポンサードリンク

 

朝起きると腰が痛い、高反発敷布団がおすすめな理由

朝起きると腰が痛いのなら、高反発敷布団がおすすめです。

寝ている敷布団が柔らか過ぎるということが原因となっていることが多いからです。

私たちは寝る時、当然ですが横になりますよね。

体の中で重たい所が沈みます。

体の一部に負担のかかる状態で寝ているのを解消しましょう。

高反発敷布団は体全体に圧力が分散されることに優れた敷布団です。

体の一部に負荷がかからないので、寝ている最中に体が歪まずに腰に優しい姿勢で寝ることができます。

理想的には、正しい姿勢で立っている時の背骨のS字曲線のままの姿勢で寝ることが良いわけですが、高反発敷布団なら横になった時に背骨のS字曲線のままの姿勢を保つことができます。

高反発敷布団に変えるだけで、
朝起きた時の腰のダルさから解放される方がたくさんいます。

 

朝起きると腰が痛い、高反発敷布団の選び方

朝起きると腰が痛い、という方には高反発敷布団がおすすめなわけですが、どのようなものを選べば良いのでしょうか?

固すぎても柔らかすぎても腰は痛くなりますので、
高密度な素材を使用しているもの
をしっかりと選びましょう。

スプリングマットレスではだめなの?という方がいますが、スプリングマットレスは腰などの体の重い部分を支点にして体重を支えてはくれます。

しかし、高反発敷布団は体圧を分散させてくれるので、無理のない姿勢で眠ることができます。

腰の痛みを解消するなら高反発敷布団です。

高反発敷布団は厚さが3cmから10cmを超えるものまで様々なものがあります。

自分に合うものは人によって違います。

まず体重が関係してきます。

女性の方や体重が軽い方は3cm程度の高反発敷布団でも背骨のS字曲線のままの姿勢を保つことができるでしょう。

実際にお店で試してみて、自分に合う厚さのものを購入しないと腰の痛みが軽減されない可能性もあるので、ちゃんと試してみましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康, 腰痛 ,