これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

白髪の進行は止められる?増えてしまう食べ物と運動で改善

siraga

白髪って気になりだすと鏡を見るたびに落ち込みますね。
これから増える一方なのかって思うとイヤになります。

白髪を増えるのを止めたいですね。
それか少しでも進行を遅らせたり、改善したいもんですね。

スポンサードリンク

白髪の進行って止めることは出来るのでしょうか?

白髪が増えてしまう食べ物と対策になる食べ物はなにか?

白髪を改善するためのおすすめの運動について紹介します。

白髪の進行って止めることは出来るの?

あっ、白髪があったと思ったら、あっちにもこっちにも。

1本見つけると、不思議なことに次々と見つかり、気分が落ち込むものです。

白髪って増え始めたら、どんどん増える一方というイメージがありますが、進行を止めることは出来るのでしょうか?

それにはまず
白髪が生えてしまう原因
を知らなければ対策出来ませんね。

白髪って若い方でも多い方っていますね。
これは遺伝によるものがあるからです。

それと最近多いのがストレスです。
強いストレスを受けることによって、白髪が生えてしまうことがあるのです。

食生活も大きな影響を与えています。

白髪になるということは、何かしらの理由で
メラニン色素が充分に作られなくなるからです。

ということはメラニン色素が作られるようにすれば、さすがに進行を止めるということまではできませんが、遅くらせることはできるはずです。

ストレスが大きく関係しているので、ストレスをちゃんと発散するようにしましょう。

栄養バランスの良い食事を摂りながら、メラニン色素が増えるような食材を積極的に摂りましょう。

髪の健康のために、亜鉛やタンパク質の摂取も心がけましょう。

頭皮の血行が悪くなり、髪に栄養が届かないことも原因のひとつとなりますので、頭皮マッサージやシャンプーで頭皮を健康にしましょう。

その他にも、質の高い睡眠を摂ったり、アルコールやタバコを避けたほうが良いでしょう。

白髪が増えてしまう食べ物とは?

白髪が増えてしまうのは、何らかの理由でメラニン色素が充分に作られなくなるからです。

これには食べ物の影響がかなり大きいと言われています。

スポンサードリンク

刺激物は血行を促進させてくれたり、リラックス効果があるので、適度に摂取する分には良い刺激となりますが、過剰に摂取してしまうと、体に強い刺激となり、白髪が増えてしまう原因となるのです。

糖分の多く含まれている食べ物や飲みもの、スナックやファーストフード、揚げ物など大量の油分が含まれているものは、過剰に摂取することで、毛穴が詰まってしまったり、頭皮が炎症を起こしたりして、白髪が増える原因となります。

では、メラニン色素を増やすにはどういった食べ物を摂取すれば良いのでしょうか。

コンブやヒジキといった海藻類が白髪には良いって、聞いたことがあると思います。

これらの海藻類が効果的なのは、ヨード(ヨウ素)が多く含まれているためです。

白髪対策にはヨードを多く含む食べ物を積極的に摂取しましょう。

ヨードを多く含む食べ物
海藻類・・・コンブ、ヒジキ、ワカメ、海苔など
魚介類・・・サバ、イワシ、カツオ、ブリなど

チロシンを増やす

メラニン色素の原料のひとつにチロシンというものがあります。

これが不足していると髪の毛に色をつけることはできないので、チロシンを増やすために以下の食べ物を積極的に摂取しましょう。

魚介類・・・カツオ、マグロ、ヒラメ、ちりめんじゃこなど
豆類・・・大豆、豆腐、アーモンド、落花生など
乳製品・・・ナチュラルチーズ、プロセスチーズなど

銅を摂取する

銅はチロシンとあわせて摂取することで白髪に効果的と言われています。
体内で自分で作ることができない成分なので、食べ物を通じて外部から取り入れる必要があります。

魚介類・・・エビ、カニなど
豆類・・・大豆、納豆、カシューナッツなど
穀物類・・・そば、サツマイモ、玄米など
野菜類・・・ゴボウ、パセリ、モロヘイヤなど

白髪を改善するための運動とは?

運動で白髪が減らせるの?って思いますよね。
しかし、運動で白髪を改善することは出来るんです。

白髪になってしまう理由のひとつに髪かで栄養が届いていないというのがあります。

いくら白髪に効果的と言われる食べ物を摂取しても髪にまで届かないのでは意味がありません。

運動によって体中の血流を良くし、栄養が髪にまで上手く行き渡る体にしましょう。

この場合の運動とは、ハードなことをやる必要はありません。
毎日続けられる有酸素運動で十分です。

運動することによって、白髪の原因であるストレスの発散にもなれば一石二鳥ですね。

なるべく体を動かくことを意識して、連続したウォーキングなどの有酸素運動をして、血流を良くしましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 ,