これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

光フェイシャルの効果とは?どのような施術が行われるの?

hikari

光で肌を美しくする光フェイシャルが話題になっています。

肌のシミやクスミ、小じわ、老化などによる肌の変化が気になる方に注目されています。

レーザーに比べて光フェイシャルは、肌にもやさしいというのも話題になっている理由のようです。

スポンサードリンク

光フェイシャルとはどういったもので、どのような効果があるのか?
エステで受ける場合、どういった施術が行われるのか?
受けるべきではない人について紹介します。

光フェイシャルとは?どのような効果があるの?


光で肌を美しくする光フェイシャルは、アンチエイジングのための最新エステ技術です。

光フェイシャルは、加齢によってシミや小じわが増えないようにするために、美容効果のある光を照射します。

この光が肌のメラニン色素などに働きかけ、シミやクスミ、老化などによるしわ、たるみ、他にもそばかすや毛穴の開きといった肌トラブルを肌の内側から改善することが可能です。

光フェイシャルは、様々な肌トラブルに対応できるのも魅力のひとつです。主にエステや医療クリニックで受けることができます。

光フェイシャルをエステで受ける場合、どういった施術が行われるの?


光フェイシャルは主にエステで受けることになるのですが、エステで受ける場合、どういった内容で施術が行われるのでしょうか?

エステでは、光フェイシャルを行う前に肌の保湿の状態、しわやたるみの状態を詳しく調べます。

スポンサードリンク

肌の状態に合わせ、どのような光フェイシャルを行うのかを決めます。

施術の方法としては、まず肌をきれいにして冷却ジェルを肌につけます。

光が目に当たらないようにアイカバー等で保護して、光を照射していきます。

カメラのフラッシュを連続であてられているような感じなので痛みはないといっていいでしょう。

照射が終わると肌がほてっていますので、ヒアルロン酸やコラーゲンを含むローションなどで肌をクールダウンさせます。

エステでの施術が終わった後はメイクをしても問題ないので、化粧をして帰れます。

ここで注意しなければいけないのが紫外線です。

エステで光フェイシャルを施術してもらった後の肌というのは、日焼けしやすい状態になっているのです。
強い紫外線を浴びないようにしてください。

また、肌が乾燥しやすくもなっています。
保湿をいつも以上に行うことが大切です。

光フェイシャルを受けるべきではない人とは?


肌のシミやクスミ、老化などによるしわ、たるみなど肌トラブルを改善してくれると話題の光フェイシャル。

しかし、光フェイシャルを受けるべきではない人もいます。
どういった方は受けるべきではないのでしょうか?

濃い日焼けの人はやめておいたほうがよいでしょう。
光フェイシャルの光が強すぎて、黒い点が肌に発生するというトラブルが起きる可能性があるからです。

他にも皮膚疾患がある方もやめておいたよいでしょう。

妊娠中の方や糖尿病、てんかん発作の既往のある人などは光フェイシャルを受けることはできません。

他にも光感受性を高める薬を服用されている方(抗がん剤、抗うつ薬、抗ヒスタミン剤、向精神剤、ピル)や美容整形をされている方もできないことがあります。

光フェイシャルを受けるのは、しっかりとしたカウンセリングをしてくれるエステを選んで施術してもらいましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 美容 ,