これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

巻き爪を自分で治す方法 自宅ですぐに効果が出る方法とは?

tume2

巻き爪を自分で治す方法はないのかな?

自宅で簡単に出来て、すぐに効果が出る方法はないのかと思っている方は多いのではないでしょうか。

巻き爪は女性の方に多く見られますが、男女問わず巻き爪で悩んでいる方がたくさんいますね。

巻き爪は症状が軽度であれば、自分で治す方法があります。自宅で簡単に治せてしまいます。

スポンサードリンク

爪の近くに痛みを感じた場合には、症状が悪くならないようにする予防措置の意味を含めて、自宅ですぐに効果が出る方法を試してみることをオススメします。

簡単な巻き爪を自分で治す方法をご紹介します。

巻き爪を自分で治すにはどのような方法があるの?


巻き爪を自分で治す方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

自宅ですぐに効果が出る方法とはどのようなものなんでしょうか?

まずはコットンパッキング法というものがあります。

コットンを爪の間にはさむことで、爪が肉に食い込むのを防ぐ方法です。

あくまで応急処置ですが、痛みがすぐに和らぎますし、軽度の場合、これだけで改善することもあります。

これで効果が得られない場合は、様々な巻き爪の症状に合った巻き爪矯正グッズを使って治していきます。

また、巻き爪予防として爪切りは非常に重要です。

爪が短すぎたり、爪の端の部分が丸くなっていると、指の肉に爪が食い込みやすくなります。そうなると巻き爪になりやすくなります。

両端まで指の肉の上に爪がある状態に爪を切りましょう。そうすることで巻き爪予防になるだけでなく、軽度の症状なら改善されるかもしれません。

痛みがすぐに和らぐコットンパッキング法


巻き爪を自分で治す方法にコットンパッキング法というものがあります。

自宅で簡単にお金もかからずできて、痛みがすぐに和らぐ方法です。

コットンパッキング法とは名前のとおり、コットンすなわち綿を使って自分で巻き爪を治す方法です。

スポンサードリンク

巻き爪になってしまった指の爪の両側のとがった角部分とその下の皮膚の間に、コットンを丸く小さなかたまりにして入れるだけという簡単な方法です。

コットンを入れる時は、先が細いピンセット等を使って下さい。応急処置的な方法ではありますが、初期段階の巻き爪ならこれだけでも治ってしまうかもしれません。

ただし、軽度の巻き爪に対しては有効ですが、症状が進行している場合には痛みを少し和らげるだけで巻き爪を治すことは期待できません。

巻き爪矯正グッズでの治し方


初期段階の巻き爪ではない場合、自分で治す方法で自宅ですぐに効果が出る方法としては、様々な巻き爪の症状に合った巻き爪矯正グッズを使うことです。

本来、初期段階でないのなら病院に行った方が良いのですが、病院に行くのはなんとなくコワいとか治療費用が高くなるんじゃないかな?とか仕事などでなかなか通院が難しいなど色々な諸事情があると思います。

そういう方は、まずお手軽に試せる巻き爪矯正グッズを使った治し方を試してみてはいかがでしょうか。

巻き爪の痛みを緩和するためのゲルサポータータイプの矯正グッズや巻き爪が軽度な方向けの矯正グッズとして巻き爪の肉に食い込んでいる部分にはさんで痛みを緩和するテープ系の矯正グッズがお手頃価格で市販されています。

また、病院で受けることができるワイヤー治療やプレート法に近い治し方ができる矯正グッズも市販されていますので、ご自身の巻き爪の症状に合った巻き爪矯正グッズを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ


巻き爪は症状が軽度であれば、自分で自宅で治す方法があります。

コットンパッキング法で効果が得られない場合、ゲルサポータータイプやテープ系の矯正グッズで痛みを緩和することができるかもしれません。

ワイヤー治療やプレート法といった病院でやってもらう治療に近い治し方ができる矯正グッズもあります。

巻き爪になる大きな原因に深爪があります。巻き爪になると痛いので、つい深爪をしてしまいがちです。

巻き爪を予防するため、巻き爪になってしまっていても深爪は厳禁です。また、一度治った巻き爪を予防するという意味でも深爪は絶対にしてはいけません。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康