これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

カタログギフトの活用方法 利用する際に注意することとは?

gift

お祝いを頂いた時、お返し物に迷いますよね。

相手の好みに沿ったものにしたいが、どれにしてよいかわからない、また、すでに手元にあるものでは重複してしまって申し訳ない。

お祝いはいただいてうれしいのですが、このような悩みが付きまといます。

スポンサードリンク

そんな時は、カタログギフトを送ってみましょう。

もらってうれしいカタログギフトについて、送る方、受け取った方の両方の立場からその活用方法を紹介します。

カタログギフト 送る方の注意点

カタログギフトは、今はさまざまなジャンル、そして金額に対応したものが販売されています。

これなら相手の年齢、いただいた金額、大体の好みに応じてカタログを選び、送ることができます。

カタログの有効期限がどのくらいあるのか、掲載されている商品はどんなものがあるのか、それらをよく吟味して送れば、受け取った方にも心が伝わります。

カタログギフトを送る方の注意点として、
中身はしっかりと確認するようにしましょう。

同じ金額でも業者によってこんなにも中身が違うのかと驚いてしまうほど違いがあったりします。

同じ金額でも取り扱っているブランドは全然違っていたりしますし、相手先が選びようのないものばかりが掲載されているカタログギフトもあります。

これは特に3千円くらいのものに多いので、中身はしっかりとチェックしましょう。

スポンサードリンク

カタログギフト 受け取った方の注意点

カタログギフト、頂くとうれしいですよね。

その気持ちを持ったまま、まずはパラパラと一通り目を通してみましょう。

食器、ファッション、おもちゃ、食材、いろんなものがこの一冊に詰められています。

いいな、と思ったら角を折っておくと便利です。

その場ですぐ決める必要がなく、迷える時間がたっぷりあるのもカタログギフトの魅力ですね。

商品にはサイズや性質、賞味期限なども事細かに書いてあるので、それらをよく見て決めることが重要です。

家族の意向も確認しておくといいでしょう。
奥さんは食器が欲しい、でも旦那さんは食品がいい、どれがいいかなと話し合うのも楽しいですね。

でもここで注意すべきことがあります。

それは迷いすぎて時間ばかりかけすぎないようにしましょう。
カタログには締切日というものがあります。

また、商品が品切れになった場合には第一希望が手に入らないこともあります。

欲しいものを手に入れるためには、あまりにもゆっくりと選んでいると無くなってしまうこともあります。この点に注意しましょう。

カタログギフト トータルの見方

以前は「カタログギフトは味気ない」という意見もありました。

お返し物は時間をかけて心を込めて選んで送るのがマナーだと。

しかし、時代は変わりました。
通信販売が一般的になった今日、カタログギフトはまるで百貨店に足を運んでいるような、そんな素晴らしいお返し物となったのです。

もちろん、一人一人に時間と心を込めて一点を送るのも大切です。

しかし、送ったものが相手に気に入られず、リサイクルショップに回されてしまうのではとても悲しいです。

だったら相手に選んでもらおう、時間をかけて選んでもらおう、ジャンルは広く選んでもらおう、という世の中になったのです。

送る方の気持ちもうれしいですし、受け取る方はもちろんうれしい、それがカタログギフトという一冊の百貨店なのです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 生活