これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

粉洗剤と液体洗剤、どちらがお得?運送効率が関係している?

senzai

粉洗剤と液体洗剤ってどちらがお得なんでしょうか?
かつては洗剤と言えば粉洗剤が主流でしたが、今では液体洗剤も多く見かけるようになりましたね。

どちらがお得なのかを考える場合、単純に販売価格だけ見ると液体洗剤の方がやや高め。しかし大事なのは洗浄力。汚れが落ちてくれないことには話になりません。

実はほかにも関係していることがあります。

スポンサードリンク

それは運送代です。
粉洗剤のメリット・デメリット、液体洗剤のメリット・デメリットとどちらがお得なのには運送効率が関係しているについて紹介します。

粉洗剤のメリット・デメリット

粉洗剤と液体洗剤ってどちらがお得なのか?
まず粉洗剤の方から考えてみましょう。

粉洗剤のメリットは、液体洗剤に比べるとまず安いことが挙げられますが、それだけでなく洗浄力が強いことも挙げられます。

衣服に付く汚れは酸性であり、一方、粉洗剤は弱アルカリ性なので、汚れをしっかり落としてくれるわけです。それで
黄ばみや食べ物のシミ、泥など落ちにくい汚れを落とす
には粉洗剤の方が断然有利です。

一方、デメリットとしては、その洗浄力故に
中性洗剤と比べると洗濯物が色落ちしやすい
ことにあります。色柄に気を遣うオシャレ着などには不向きですね。

また寒い時期などは冷たい水に溶け切れず洗剤の塊が残ってしまうことがあります。すすぎも1回で済むようなものはなく、液体洗剤と比べると水の使用量はどうしても多くなってしまいます。

液体洗剤のメリット・デメリット

では液体洗剤の方はどうかというと、まずメリットとしては、その使いやすさが挙げられると思います。液体なので必要量だけ計量カップでピッタリ量ることが可能で、汚れが気になるところに部分的に染み込ませて落とすという使い方もできます。

粉洗剤のように溶け残りの塊などがなく均一に混ざってくれるため、
すすぎも1回でOKというものが多い
ですね。水道代と時間の節約という観点で言えば液体の方がお得と考えることもできます。

更に中性洗剤であることの多い液体洗剤は、漂白力がそれ程強くないので
色落ちの心配もなく、オシャレ着だけ分けて洗う必要もありません。

しかしこれは裏を返せば洗浄力が弱いことを意味しており、まずこの点が液体洗剤のデメリットになると言えるでしょう。洗浄力はそれ程でもないのに価格は粉洗剤より高い・・・と考えるとコストパフォーマンスが悪いように思えるかもしれませんね。

スポンサードリンク

運送効率が関係している?

どんな洗濯物が多い?
粉洗剤と液体洗剤ってどちらがお得なのかは結局のところ、
どんな洗濯物が多い
かによるのではないでしょうか。

例えば日常的にスポーツをしたり汚れやすい仕事をしている人なら粉洗剤、そういう洗濯物はあまりなく、洗濯にかける時間を短くしたいという人なら液体洗剤、といったところかもしれませんね。

運送効率
実は粉洗剤と液体洗剤の価格差は製造コストを考えると、
店頭で売られているほどの価格差はありません。

液体洗剤の運送効率は粉洗剤と比べるとどうしても悪くなってしまうことも影響していると考えられます。店頭で販売されている価格というのは、メーカーの利益と販売店の利益、それに間に入る卸業者の利益が乗っかって決まります。

運送しているドライバーさんが家族を養っていくだけのお金を貰っているのですから、それなりに運送コストがかかることは容易に想像できると思います。運送効率を良くするために1円でも安くなる努力をしてはいますが、それなりにかかります。

これを粉洗剤と液体洗剤を運ぶ運送コストで考えてみると液体洗剤は、粉洗剤のように段ボールに詰める際に隙間なく詰めるには適していない形のものがほとんどです。

洗剤本体の重さのほかに粉洗剤に比べると
一台のトラックで運送できる数が少ない
ので運送効率が悪くなってしまいます。結果として運送コストを価格に多少なりとも乗っけないと採算が合わないということになってしまいます。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 生活 ,