これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

手がかゆい、手のかゆみの主な原因と症状や治療方法

tegakayui

手がかゆいという経験は多くの方がしていると思います。

特に水仕事を繰り返している主婦の方や仕事で水や洗剤に触れることが多い方は、手がかゆくなったという経験をした確率が高いのではないでしょうか?

手がかゆい原因として一番多いのは、手湿疹と呼ばれるものです。

主婦の方に多くみられることから主婦湿疹なんて呼ばれ方もします。

こちらの紹介とほかにも代表的な手がかゆくなる主な原因と症状、治療方法について紹介します

スポンサードリンク

手がかゆい、手湿疹とは?

手がかゆい代表的なものとして手湿疹と呼ばれるものがあります。

水仕事を繰り返している主婦にみられるため主婦湿疹とも呼ばれます。

手湿疹とは、水仕事を繰り返している主婦や、仕事上で水やせっけん、洗剤などに触れる機会が多い方にみられる手荒れのことをいいます。

<症状>

水やせっけん、洗剤などに頻繁に使用する環境だと手指の皮脂バリアが壊れてしまいます。

壊れた所に洗剤などに含まれる合成化学物質が侵入し、さらに摩擦や乾燥などの負荷が加わることで手に湿疹ができ、かゆくなるのです。

この症状は悪化すると、小さな水泡ができ痛みを伴います。

そして水泡が破けてしまうと出血し、かさぶたになり、そこからまた発症。

このようにして炎症部分が広がっていってしまいます。

<治療方法>

軟膏を患部に塗ることで治療を行います。

手の症状によってはステロイド剤を使用したり、飲み薬も併用して治療することがあります。

治療とあわせ、極力、水に触れない保護療法と保湿がとても重要となります。

かゆみをすぐに抑える方法の基本と原因別かゆみを抑える方法

手がかゆい、慢性湿疹

手がかゆい慢性湿疹は、接触皮膚炎や真菌性皮膚炎、原因不明の慢性皮膚病などによって起こります。

慢性湿疹は手だけではなく足にもできやすいです。

<症状>

かゆみが非常に強く、かゆい所を掻くことによって皮膚が赤くなり、これ繰り返してしまうことにより皮膚が厚くなります。

かゆみはかなり強いのですが、発疹は軽度ですぐに消えるものとひどく腫れたり、大きな水疱ができる重度のものまでと様々です。

<治療方法>

軟膏を塗ることになります。
症状が酷い場合にはステロイド外用薬を使用する先生もいます。
あわせて抗ヒスタミン薬の内服を長期間行います。

足の裏が痒い、水虫以外の原因とは?足の裏が痒くなる病気とは?

スポンサードリンク

手がかゆい、異汗性湿疹

手がかゆい症状として、異汗性湿疹というものがあります。

手に出来ることが多いのですが、足に出来ることもよくあります。

足の場合、みずむしとよく間違えられます。

<症状>

手のひら・指などに細かい水ぶくれのように見えるぶつぶつが出来ます。

2週間~1ヶ月程度で薄い乾いたかわむけになって治りますが、年ごとに繰り返す傾向にあります。

普通、かゆみはありませんが強いかゆみが出ることもあります。

<治療方法>

皮が剥けているだけの状態なら、自然軽快することが多いですし、尿素外用剤などをハンドクリームとして使用することが多いです。

かゆみが強い場合には抗アレルギー薬が処方される場合もあります。

お尻が痒い かゆみや赤みは皮膚にカビがいるのが原因かも?

手がかゆい、掌蹠膿疱症

手がかゆいなる症状として、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)というものがあります。

掌蹠とは手のひら、足の裏という意味です。
膿疱とは膿の入った水ぶくれという意味です。

手のひらや足の裏に膿の入った水ぶくれができる皮膚の病気を、掌蹠膿疱症といいます。

<症状>

最初はかゆみを伴い、かさぶたとなって皮膚の表面が剥がれ落ちます。

症状が良くなったり悪くなったりを繰り返します。

足に出来た場合、みずむしと間違われることもありますが、菌がないので感染はしません。

かゆみや剥がれかけた皮膚が気になり、患部を触って炎症を悪化させる方が多いです。

また、この病気に罹る2割くらいの方に、鎖骨や胸の真ん中、関節などに激痛が発生することがあります。

<治療方法>

ビタミンD3軟膏の外用薬やステロイド外用薬をすり込まずに表面に軽く塗ります。

あわせて抗ヒスタミン薬の内服で治療します。

重症例では免疫抑制薬を使用することもあるようです。

>>「かゆい」に関する記事一覧

>>すねがかゆいのは病気の可能性も!病気とすねがかゆい主な原因

>>手のこわばりでリウマチ以外のものとは?手がこわばる病気の種類

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - かゆい , ,