これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

コラーゲンはいつ、どれくらい摂れば効果的?副作用はないの?

koragen

コラーゲンというと肌に良いものというイメージが強いですね。

実はコラーゲンはもっと大切な役割をしています。

コラーゲンは私たちにとってとても大切なタンパク質で、体内の約30%がコラーゲンなんです。

コラーゲンは体内のあらゆる場所にあり、内臓や血管、肌などの臓器の形を保つ働きをしてくれています。

スポンサードリンク

さらにコラーゲンは細胞間の隙間を埋めて細胞同士がバラバラにならないように結合する働きもあります。

そんなコラーゲンの効果とは一体どのようなものか?

いつ、どれくらい摂れば効果的なんでしょうか?
副作用はないのかを紹介します。

コラーゲン、その効果とは?

コラーゲンの効果として有名なのは美肌効果ですね。

コラーゲンを摂ることによって、体内にあるコラーゲンの新陳代謝が促進されます。

体内のコラーゲンが不足すると肌が老化してしまうのを防ぎ、肌に潤いやハリを与えることができます。

ほかにもコラーゲンには関節の軟骨がすり減ってしまうために起きる関節炎の予防や改善効果もあります。

骨密度を上げて骨を強くしてくれますので、骨粗しょう症にも効果があります。

コラーゲンをしっかりと摂っていると、線維芽細胞が増え、傷を治りやすくする効果や手荒れなどにも効果があると言われています。

コラーゲンペプチドというものを8週間摂ったら髪の毛のハリやコシに影響する髪の毛の直径が増したというデータもあります。

また、コラーゲンが足りなくなると血管が硬くなってしまいますので、動脈硬化を起こす危険性が高くなります。

病気の予防のためにもコラーゲンを摂ることはとても大切なんです。

コラーゲンの効果というと美容効果のイメージが強いですが、様々な効果があるので、積極的に摂りましょう。

スポンサードリンク

第2章:コラーゲンはいつ、どれくらい摂ると効果的?

コラーゲンには様々な効果がありますが、美肌効果を期待している方が圧倒的ですね。

しかし、大量に摂ったからといって効果が得られるという訳ではありません。

コラーゲンの美肌効果はいつ、どれくらい摂るのが効果的なのでしょうか?

コラーゲンはいつ摂るのが美肌に効果的なのかというと夕食時や寝る前です。

美肌につながる成長ホルモンが分泌され、肌を修復してくれるのは睡眠中だからです。

量としては毎日5g程度を摂るようにすると効果があると言われています。

コラーゲンを効率よく摂るにはビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6といった栄養素と合わせて摂ると効果的です。

特にビタミンCはコラーゲンの吸収を助ける効果が高いので、コラーゲン単体ではなく、これらの栄養素も合わせて摂るようにしてください。

コラーゲン、摂りすぎで副作用はある?

コラーゲンは大量に摂れば効果も高いというものではありません。

コラーゲンだけを大量に摂っても細胞が分解や吸収が出来ないものは排出しようとします。

この排出は尿や便だけではありません。
異常な汗として排出したり、疱疹が出る、嘔吐するという形で排出することもあります。

これらがコラーゲンを過剰に摂りすぎたことでみられる副作用です。
ほかにも肌トラブルやかゆみ、しびれなどを起こす危険があります。

また、牛や豚、鶏などから作られている動物性のコラーゲン商品では、アレルギー症状が出てしまう方もいます。

そして、安価な品質の悪いコラーゲンは体内で分解されず、体内に蓄積されていってしまいます。

異物が蓄積された体というのは、抵抗力が落ちてしまうので、アレルギー反応が出やすくなってしまうので、注意が必要です。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 美容 , ,