これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

家庭用脱毛器の選び方、永久脱毛できるの?妊娠中でも大丈夫?

kateiyoudatumouki

家庭用脱毛器って、本当に効果があるのかって不安がありますよね。

家庭用脱毛器は高額なものが売れていますが、全然効果がなかったなんていう話も聞きます。

しかし、実際に家庭用脱毛器でほぼ全身の脱毛をしている方もたくさんいます。

しっかりとしたものを使えばちゃんと脱毛はできます。

スポンサードリンク

家庭用脱毛器はどのようなものを選べはよいのか?

フラッシュとレーザータイプの特徴と安全性について紹介します。

家庭用脱毛器の選び方、永久脱毛できるの?


家庭用脱毛器の選び方は、どのくらいの脱毛をしたいのかによって変わってきます。

高額な家庭用脱毛器が売られていて、実際売れています。

しかし、自分の目的の脱毛によっては何も高額なものは要らないというケースがあります。

脱毛によってどのようなタイプのものを購入するのが良いのかじっくりと検討しましょう。

脇だけとか、ビキニラインだけを脱毛できればと思っているのでしたら、その部分に特化した家庭用脱毛器があるので、使うとよいでしょう。

価格も高額ではないものがたくさんあります。

脱毛した後、毛の生えてこないツルツルな肌になりたいと思うなら、レーザータイプやフラッシュタイプが高額ですがオススメです。

部分的に脱毛したいのでしたら、抜くタイプや剃るタイプもあります。

家庭用脱毛器は本体の値段だけではなく、消耗品にかなりのお金がかかるものがあります。

消耗品の費用も考慮に入れて検討してください。

家庭用脱毛器で完全な永久脱毛をしたい、出来るの?と疑問に思う方も多いと思います。

残念ながら難しいでしょう。

永久脱毛に近いくらいの効果が得られる物もありますが、IラインやOラインなど自分で脱毛するのが難しい場所も家庭用脱毛器では難しいでしょう。

エステや美容皮膚科で施術してもらう方が良いでしょう。

スポンサードリンク

家庭用脱毛器と組み合わせておこなうと費用を抑えることができますので、使い分けるのがおすすめです。

家庭用脱毛器、フラッシュタイプとレーザータイプの特徴は?


家庭用脱毛器は、フラッシュタイプとレーザータイプが主流です。

フラッシュタイプの特徴は、痛みがほとんどなく、一度に広い範囲に照射できることです。よって、照射の時間が短くて済みます。

広い範囲の脱毛をしたいのなら、フラッシュタイプが良いでしょう。
しかし、レーザータイプに比べると脱毛の効果が弱いです。

毛はだんだん薄く細くはなってきますが、脱毛した後、再び生えてきます。

レーザータイプの特徴は、エステ並みの高い脱毛力があることです。
しかし、一般的には照射できる範囲が狭いです。

広範囲を脱毛したい方には向いていません。

ピンポイントでこの場所を脱毛したいという方に向いているタイプなのです。

また、レーザータイプの場合、レーザー照射のレベルによっては痛みを伴うことがあります。

痛みを強く感じる人は、照射レベルを落として使うしかないのですが、そうすると脱毛効果も落ちてしまいます。

どちらのタイプも消耗品の価格や使用する頻度等を考えて購入することが大切です。

家庭用脱毛器、妊娠中でも大丈夫?安全性はどうなの?


家庭用脱毛器を妊娠中に使用できるか不安という方が多いそうです。

肌に照射することで、赤ちゃんに何かしらの影響がでないのかが心配ということですね。

結論から言うと、妊娠中でも使用できます。

照射する光は赤外線に近いため、妊婦さんの体に影響することも、赤ちゃんへの影響を引き起こす恐れもありません。

妊娠中でなくても家庭用脱毛器の安全性は気になるところですね。

皮膚が火傷しないのか?照射して皮膚に何かしらの影響が出たりしないのか?こういった不安がありますよね。

しかし、安全性には相当に気をつけて作られていると言えるでしょう。

直接肌に使うものなので、安全面に関しては大丈夫です。

説明書どうりの正しい使い方をしていれば、体に影響を及ぼすようなことはありません。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 美容 ,