これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

耳の後ろの骨が痛い場合に考えられる3つの病気とは?

miminousiro

耳の後ろの骨が痛くなったことはありませんか?

1週間ほどで治ってしまった経験をした方もいるでしょう。

この場合、おそらく後頭神経痛だったと思われます。

しかし、耳の後ろの骨に痛みを感じることなんてあまりないでしょうし、やはり頭部なので気になりますよね。

そこで、耳の後ろの骨が痛い場合に考えられる主な原因として、後頭神経痛と合わせて3つの病気について紹介します。

スポンサードリンク

耳の後ろの骨が痛い後頭神経痛

耳の後ろの骨が痛いのは、頭痛と勘違いされやすい後頭神経痛というものかも知れません。

後頭神経痛は後頭部を通る神経の痛みのことで、大後頭神経痛と小後頭神経痛、それに大耳介神経痛の3種類があります。

それぞれ痛む場所が違うだけで、痛みや症状は同じです。

耳の後ろの骨が痛かったり、頭痛と同じく頭が痛かったり、目の奥が痛かったりします。
ビリッと一瞬、電気が走るような痛みを繰り返すという特徴もあります。

また、痛み方には個人差があり、激しい痛みを感じたり、ブラシで髪をとかしただけで痛い場合もあります。

しかし、後頭神経痛は危険なものではなく、1週間ほどで自然に治る場合が多いです。

耳の後ろの骨が痛い顎関節症

耳の後ろの骨が痛いのは、顎関節症が発症しているからかも知れません。

顎関節症は、歯の噛み合わせが悪かったり、顎に長期にわたり負担がかかることで発症しますが、顎は耳の神経とつながっているので、顎関節症が原因となり、耳の後ろの骨に痛みを感じることがあるのです。

耳の後ろや下の骨を押した時にアゴに痛みを感じるようなら、顎関節症である可能性が高いです。

顎関節症の治療をすることで、耳の後ろの痛みも改善されるでしょう。


耳の後ろの骨が痛い脳髄膜炎

miminankotu

耳の後ろの骨が痛い原因が脳髄膜炎によるものかも知れません。

脳髄膜炎は、通常、無菌状態である脳に病原菌が脳内と髄膜に入り込んだものです。

耳の後ろの骨が痛いのと同時に頭痛や発熱、吐き気に襲われます。

また、病原菌が脳内だけに入ったのなら「脳炎」となり、髄膜のみに入ったのなら「髄膜炎」となりますが、どちらでも脳髄膜炎同様の症状がみられることがほとんどです。

このような症状がみられる場合には、早めにお医者さんに診てもらうようにしましょう。

>>眉の骨が痛い場合目が原因とは限らない 考えられる病気とは?

>>眉毛の骨が痛いのは歯の噛み合わせの悪さの影響?その理由とは?

>>目の下の骨が痛いときに考えられる目の病気ではない5つの病気とは?

>>耳の外側が痛いのは軟骨が耳介軟骨膜炎だからかも?その症状と原因

>>鼻が痛い原因が骨にあるのはどんな場合?癌との関係とは?

>>頬骨が痛くなる主な原因とは?咀嚼筋障害や三叉神経痛とは?

>>首の骨が痛い原因とは?

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 ,