これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

貧血だとコーヒー、緑茶を飲みながらの朝食がよくない理由

choushoku

貧血は女性の方に多い症状のひとつですね。女性の方には生理があるため、男性よりも2割多く鉄分を必要としていると言われています。

ところで朝食を食べる時、コーヒーや紅茶、緑茶を飲みながら食べる方も多いと思います。しかし貧血の方にはおすすめしません。

スポンサードリンク

貧血の方はなぜコーヒーや紅茶、緑茶を飲みながらの朝食はよくないのか?そもそも貧血だとコーヒーや紅茶、緑茶は飲まないほうがよいのかについて紹介します。

また、朝食の飲み物として貧血の方におすすめなものについても紹介します。

貧血だとなぜコーヒー、緑茶を飲みながらの朝食はよくないのか?

貧血の方はコーヒーや紅茶、緑茶を飲みながらの朝食はオススメできません。

コーヒーや紅茶、緑茶を飲みながら食事をしている、特に朝食や軽食をするときには多いと思います。

コーヒーや紅茶、緑茶にはタンニンが含まれていて、
食事をしながら飲むと食物の鉄分を体に吸収する邪魔
をしてしまうからです。

タンニンはポリフェノールの一種で、鉄と結びつくと水に溶けにくい状態となり、腸からの吸収が妨げられてしまいます。

スポンサードリンク

他にも炭酸飲料やビールなどに含まれる「炭酸」も鉄分と同時に摂取してしまうと、鉄分の吸収率が低下する原因となりますので、鉄分を増やしたい方は控えたほうがよいでしょう。

貧血だとコーヒー、緑茶は飲まないほうがよいのか?

貧血だとコーヒーや紅茶、緑茶の類は絶対に飲まないほうが良いのかというと決してそうではありません。タンニンが含まれている飲み物でも、
食後に飲めば鉄分の吸収を妨げることはありません。
朝食に食べた物と食後に飲む飲料が混ざることはないからです。

胃の中に入った食べ物というのは、胃壁から層状にたまり、それが順番に消化されていきますので、先に食べた物と後から飲んだものとが、均一に混合してしまうことはないのです。

それに食後に飲むコーヒーや紅茶、緑茶にはカフェインが含まれていて、これが代謝を高め、頭をスッキリさせる働きがあります。

この作用により
胃液の分泌も高まり、食べた物の消化も良く
なりますので、コーヒーや紅茶、緑茶は朝食の後に飲みましょう。

貧血の方に朝食の飲み物としておすすめはこれ

では、貧血の方はコーヒーや紅茶、緑茶ではなく、何を飲みながらの朝食がよいのでしょうか?
おすすめはオレンジジュースです。

オレンジジュースを飲むと、鉄分の吸収がよくなります。オレンジジュースにはクエン酸とビタミンCという酸類が含まれていて、食べ物の中の鉄分を溶かし、吸収しやすい状態にしてくれる効果があります。

また、ビタミンCは鉄が酸化して吸収されにくくなるのを防ぐ作用もあるので、朝食を食べながらの飲み物は、オレンジジュースやビタミンCが多い野菜でジュースを作ったりして飲みましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 ,