これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

汗をかくと痒くなるのはなぜ?3つの原因と対策

asekakutokayui

汗をかくと痒くなるのがどうにも我慢できない、と悩む人は多いですね。
痒いからといって掻き続けると肌荒れやあせも、又は湿疹の原因になることもあります。

汗をかく、というのは新陳代謝の結果であるため健康上は良いことです。

スポンサードリンク

しかし、汗をかくと途端に肌が痒くなってしまい、つらくてしょうがない。これは肌に何らかの異常が起こっているということです。どのような対策が必要なのでしょうか?

汗をかくと痒くなる3つの主な原因とそれぞれの対策について紹介します。

汗をかくと痒くなるのは菌のバランスが崩れるため

皮膚表面バランスが崩れるため
汗をかくとお肌が痒くなるという人は多いと思います。このお肌の痒みの原因は幾つか考えられますが、その1つが、汗をかくことで皮膚表面にいる細菌のバランスが崩れるためと言われています。

汗はただの水分じゃなくて、体内のミネラルを含んでいて、ちょっと塩っぽい味がするのは皆さん経験上ご存知ですよね?

体内のミネラルを含んだ汗はアルカリ性なので、汗をかくと肌もアルカリ性に傾きます。本来、肌は皮膚表面の細菌によって弱酸性に保たれているんですが、これが汗によってバランスを崩し、肌の痒みなどの刺激を感じるようになってしまうんです。

対策
汗を取り除いて肌を弱酸性に戻してあげればいいんです。
汗をかいたなら直ぐにコットン生地の吸水性の良いタオルで汗を吸い取るような感じで拭き取りましょう。

可能なら直ぐにシャワーで洗い流すのも効果的。ただシャワーを浴びるたびにボディソープを使うと肌の乾燥の元になるので、ぬるま湯だけで洗い流す方がお勧めです。

汗をかくと痒くなるのは乾燥するため

乾燥
汗をかくと痒くなるもう1つの原因は、汗によって体から水分が蒸発し、乾燥肌になってしまうためです。

汗となって体内から水分が蒸発する時、同時に肌の中の水分も持っていってしまうので、肌が乾燥してちょっとした刺激にも敏感になり、ピリピリしたり痒くなったりするんです。

対策
乾燥の場合には、保湿対策が大切。
汗を洗い流した後に化粧水と保湿クリームや乳液でお肌を潤してあげましょう。

暑い時期はエアコンのせいで乾燥しやすいので、室内の湿度にも注意してください。


汗をかくと痒くなるのはあせもができるため

あせも
汗は皮膚に存在する汗腺から出てきますが、例えば服が肌に密着して汗が汗腺から蒸発できず溜ってしまうと水泡状になってしまいます。そこに湿疹ができて痒くなるのがいわゆる「あせも」。

あせもが子供に多いのは、小さな体なのに汗腺の数が大人と同じほどあるために汗腺の密度が高く、また皮膚の防御機能が未発達であるためだそうです。

対策
あせも対策は、まず患部を小まめに濡れタオルで拭いて清潔にし、できるだけシャワーを浴びて汗を流してしまうこと。

天然素材で通気性の良い服を着るなど
肌への刺激をなるべく抑えて蒸れにくくする
ことも大切です。

ただ乾燥には要注意。前述の通りお肌の乾燥も痒みを引き起こす原因で、肌の角質層も乱れるのであせもを悪化させることにもなります。

あせもがひどい場合には皮膚科でステロイド系の塗り薬を処方してもらうこともできます。

>>汗をかくと痩せるとは限らない?汗をかくことで太りやすくなる場合とは?

>>「かゆい」に関する記事一覧

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - かゆい ,