これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

日焼け後のケアでかゆみ対策|日焼けで肌がかゆくなる原因とは?

0317hiyake2

日焼け後のケアをしっかりとしてかゆみ対策をしましょう。

暖かくなると日差しが強くなり、紫外線が気になります。

紫外線対策をしっかりとしたのに日焼けしてしまったという方も多いのではないでしょうか。

そして日焼け後の肌がかゆくなり困ったことはありませんか?

かゆみのため夜も眠れないという方もいると思います。

スポンサードリンク

そこで、日焼け後のかゆみに対するケアについて紹介します。

また、日焼けで肌がかゆくなる原因についても紹介します。

日焼け後のケア 冷やす

日焼けしたらまずは冷やす
日焼けしてしまった肌は熱を持った状態で、言わばヤケドをしていると思って下さい。

なので、氷をビニール袋などに入れて、その上からタオルなどで包み日焼けしてしまった部分を冷やしてください。

熱があるとかゆみが強くなります。
熱を冷ますことがかゆみ対策となります。

まずは氷で徹底的に冷やし、その後冷水のシャワーを20分~30分当てて、日焼けしてしまった箇所を冷やすようにしましょう。

入浴時
熱いお風呂には入らないようにしましょう。

日焼けした箇所が熱くなると、かゆみが強くなります。

また、肌に摩擦などで刺激を与えないようにしましょう。

タオルなどで擦らないようにしてください。

顔を洗う時は、洗顔料を使わないで水洗いだけにしておきましょう。

お風呂から上がったら、なるべく日焼けした箇所が触れない服装で過ごしましょう。

日焼け後のケア 保湿する

ワセリン
日焼けすると肌が乾燥した状態になり、かゆくなりますので保湿をしてください。

保湿にオススメなのがワセリンです。

ワセリンで保湿を行う事で角質層の損傷が再生されやすいです。

ワセリンは刺激が少ないので、ヤケドをした時、皮膚科で処方されるほどで副作用の心配もありません。

ワセリンには様々な種類のものがありますが、不純物が少ない白色ワセリンがオススメです。

体への水分補給
日焼けしているということは体の水分もかなり減っていると考えられます。

体内への水分補給もかゆみ対策となりますので、しっかりと摂取してください。

吸収が良いスポーツドリンクなどがオススメです。

また、保湿と共に肌への水分補給もしっかりと行いましょう。

化粧水や薬用ローションなどでしっかりと肌に水分を補給しましょう。


なぜ日焼けすると肌がかゆくなるのか?

水ぶくれ
日焼けすると肌がかゆくなるの水ぶくれが出来るからです。

日焼けとはヤケドをしていると思って下さいと述べましたが、ヤケドを修復しようとしてリンパ液が集まります。

リンパ液が集まると水ぶくれとなりかゆみの原因となるのです。

メラニン色素
先天的にメラニン色素が作られない方がいます。

このような方は、日焼けしても黒くなりにくく、肌が赤くなってしまう方に多いです。

赤くなるとかゆくなり、なかにはブツブツが出来てしまう方もいます。

皮膚炎
日光皮膚炎と言う症状があります。

日焼けすると肌がかゆくなったり、湿疹や赤みが出ます。

そしてヒリヒリする症状が出てきます。

症状が酷くなると、高熱や水ぶくれ、おう吐の症状が出る場合もあります。

日焼け止めクリームが原因の場合も

0317hiyake

日焼け止めクリームを塗ったのにもかかわらず、日焼けしてしまったという方もいると思います。

この場合に考えられるのが、しっかりと塗っていなかったことと日焼け止めクリームが肌に合わなかったことです。

肌に合わないと湿疹や赤み、かゆみが出ることがあります。

日焼け止めクリームには主に2種類あり、紫外線吸収剤入りのものは、サラサラしていて白浮きさず、汗にも強いのですが、肌に負担がかかります。

肌が弱い方が使用すると湿疹や赤みが出ることがあります。

紫外線散乱剤のタイプだとベタベタして白浮きし、汗に弱いのですが紫外線はしっかりとはね返します。

肌に弱い方は、紫外線散乱剤のタイプの方がかゆくなる可能性が低くなるのでオススメです。

>>「かゆい」に関する記事一覧

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - かゆい, 美容 ,