これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

鼻の毛穴の黒ずみ取りにはオロナインよりもワセリンが肌にやさしい

0315hana

鼻の毛穴の黒ずみ取りにオロナイン軟膏を使うと、びっくりするぐらい取れるという口コミがたくさんあります。

しかし、この方法にはデメリットもあり、オススメできません。

鼻の黒ずみを取るには、オロナインよりもワセリンを使ったほうが肌にやさしくて簡単に取れますのでオススメです。

そこで、鼻の黒ずみ取りにオロナイン毛穴パックを使うとどうなるのかとワセリンで鼻の黒ずみを取る方法について紹介します。

スポンサードリンク

鼻の黒ずみ取りにオロナイン毛穴パックはどうなの?

オロナインを使うと
鼻の黒ずみ取りにオロナイン軟膏を使うと、良く取れると話題になり実践した方も多いのではないでしょうか。

肌の悩みで一番多いのが毛穴です。
特に鼻の毛穴の黒ずみが気になる方が多いです。

オロナインを使うと良く取れるのですが、適切なケアをしなければ毛穴がかえって開いてしまいます。

そして開いてしまった毛穴というのはなかなか元には戻りません。

オロナイン軟膏には、クロルヘキシジングルコン酸塩液という殺菌消毒剤が入っていますので、効果はあるのですが、肌への刺激も強いのです。

人によっては、鼻の皮膚を傷つけてしまうことになるので注意が必要です。

鼻の黒ずみが目立つようになった
オロナイン毛穴パックは、びっくりするぐらい角栓が取れて気持ちいいです。

しかし、この時、角栓だけではなく毛穴の一部も一緒に剥がれてしまっているのです。

その結果、毛穴が傷つきます。

傷ついた所を治そうと治癒力が働くことで毛穴の角層は厚くなります。

ということは毛穴は大きくなってしまうということなのです。

オロナイン毛穴パックをして良く取れたが、前よりも鼻の黒ずみが目立つようになってしまった、という意見が多くあるのはこのためです。

鼻の黒ずみ取りにはオロナインよりもワセリンが安全

肌にやさしい
鼻の黒ずみを取るのにオロナインを使うよりもワセリンがオススメです。

ワセリンは肌に刺激になる成分が入っていないので、肌に負担をかけない毛穴ケアとしてオススメです。

ワセリンは肌を油膜で覆ってくれるので、肌を外部の刺激から守り、水分の蒸発を防ぐ効果があります。

なので、特に乾燥肌の方が鼻の黒ずみを取るのにはオススメです。

ワセリン
ワセリンとは石油を精製した鉱物油です。
なので原材料は石油です。

石油と聞くと私たちの体には悪いんじゃないのと心配される方もいると思いますが、不純物を取り除いて作られているなので、赤ちゃんが使っても大丈夫なほど安全なものです。

皮膚科でやけど等で処方する時もワセリンを使っていますよ。

ワセリンは、精製純度により種類が違います。

白ワセリンと黄ワセリンがあり、白ワセリンの方が純度が高いので、肌トラブルも少ないですから鼻の黒ずみ取りには白ワセリンを使いましょう。

安いものだと純度が低かったりしますので、薬局などでラベルに「第三類医薬品」や「日本薬局」と書いてある物がオススメです。

スポンサードリンク

鼻の黒ずみをワセリンで簡単に取る方法

0315waserin

就寝前
まずは就寝前にワセリンを鼻全体に薄く塗ってください。

厚めに塗ってから寝ましょうという意見もありますが、あまり塗り過ぎるとお肌が乾燥しやすくなります。

特に乾燥肌の方は薄く塗るようにしてください。

そしてあとは寝るだけです。

朝、起きたら
ぬるま湯でゴシゴシと擦らずにやさしく洗ってください。

黒ずみがかなり取れますよ。

ひと皮むけたようにツルンとします。

肌が荒れて乾燥がひどくなる可能性があるので、クレンジング剤は使わないでください。

顔を洗ったら必ず保湿をしてください。

保湿を怠ると黒ずみが出てきます。

>>ヒアルロン酸Naとは?ヒアルロン酸との違いや肌への効果は?

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 美容 ,