これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

銀行系カードローン、メリットと総量規制適用外とは?低金利なの?

cardloan2

銀行系カードローンは、役に立つカードローンとして人気が高くなっており、利用する方も増えています。

申し込みが厳しいというイメージがありますが、手続きも簡単になってきていますし、インターネットのみで完結する所も増えてきています。

スポンサードリンク

使用目的がなく自由ですし、最近では即日借入が可能な銀行系カードローンも増えています。

そこで銀行系カードローンのメリットと総量規制適用外とはなんなのか?

金利はどうなのかについて紹介します。

銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンのメリットはたくさんあります。

いざという時のために1枚は持っておきたいものです。

様々なメリットを紹介します。

いざという時に役に立つ
すぐに現金を用立てたいという時やクレジットカードからお金が引き出せないという時、銀行系カードローンを使って最寄りのATMで現金が手に入ります。

一旦利用限度額が決定していれば、限度額以下の借入れを繰り返し行うことが可能なのも役に立ちます。

安心感が高い
銀行ということで借りるにしても安心感が高いというメリットがあります。

借入れの時や返済時に利用できるATMの数が多いのも助かります。

保証人不要
通常、銀行系の住宅ローンや教育ローンを借入する場合は保証人が必要ですが、銀行系のカードローンなら原則不要ですし、まとまった金額を借りることができます。

審査がスピーディー
最近は審査がスピーディーになってきている所が増えてきています。

最短30分で審査が完了、即日借入が可能という所も出てきました。
また、用途は自由なので使い道に制限がないのも嬉しいところです。

スポンサードリンク

来店不要
最近では口座を持っていなくても大丈夫ですし、ネットでで申し込んで、審査をそのまましてもらって、融資まで進めることができるので、来店する必要がありません。

仕事を休まずに済みますし、個人向けに最大で1000万円まで借り入れが可能なのも大きなメリットではないでしょうか。

銀行系カードローンと総量規制

銀行系カードローンは審査が厳しいことが多いようです。

信販系や消費者金融会社との大きな違いは、総量規制の対象になるかどうかです。

総量規制とは、2010年に法律化された貸金業法の規制になります。
多重債務者を減らす目的で、原則として年収の3分の1までしか借入れできなくなりました。

対象となるのは、消費者金融やクレジットカードなどによって個人にお金を貸す専門の貸金業社です。

銀行系カードローンは銀行法に基づいて貸付を行なっている銀行や信用金庫などになるので、この総量規制の対象外となっています。

よって年収の3分の1までという制限が適用されず、1000万円まで借り入れが可能なケースが多いです。

銀行系カードローンは低金利なの?

銀行系カードローンは、信販系や消費者金融会社からの融資よりは低金利です。

実質年率が低く抑えられているので、安心して利用できるようになっています。

最近では上限が7.99%という低金利のものまで登場してきています。

デメリットとして審査の結果が出るまでに時間がかかりますし、審査が厳しいということがあります。

低金利で融資を行うのですから仕方のない事ですが、これも変わってきています。

スピーディーな対応をする所が増えてきており、信販系や消費者金融会社を変わらないようになってきています。

ですので、まず第一に銀行系カードローンを使ってみるという考え方が良いと思います。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 生活 ,