これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

ローンの一本化、メリットとデメリットは?審査が甘いのは?

cardloan

ローンの一本化という言葉は、ここ数年よく聞くようになったのではないでしょうか?
ローンの一本化は「おまとめローン」とも言われていますね。

ローンの一本化は多重債務をまとめ、月々の支払いの負担を減らして今後の返済を楽にするのが目的。

スポンサードリンク

取り扱っているのは銀行、信用金庫、消費者金融などです。
金融会社が今、一番力を入れている金融商品と言えます。

そこでローンの一本化とはどういうものでメリットとデメリットは何なのか?
審査が甘い所って?について紹介します。

ローンの一本化とは?メリットは何?

ローンの一本化とは、多重債務を一本化することです。

一本化することで月々の支払いの負担を減らし、返済を楽にすることが目的のローンです。

ローンの一本化をすることのメリットを紹介します。

毎月の返済額の合計を減らせる
ローンの一本化をすることによって、まとめる前よりも、まとめた後の方が毎月の返済額が小さくなるのが一般的です。
ただし、目的や内容によっては小さくならない場合もあります。

金利が低くなる
ローンの一本化によって新たに設定される金利というのは、一般のローンやキャッシングに比べると金利が低く設定されることが多いです。
ローンの一本化をすることによって、今借りている金利よりも低くなる、もしくは、今借りている金利で一番低いものと同じ金利で一本化することになります。

支払い期間を短く、返済総額を抑える事が出来る
ローンの一本化をすることによって、支払い期間を短くすることが出来る場合が多いです。
結果、返済総額を抑える事が出来ることが多いです。

毎月の返済日が1回で済む
多重に借りていると返済日が全て同じ日というのはまずないでしょう。
そうなると月に何回も支払日があることになりますね。
これが原因で、うっかり返済日を忘れてしまうなんてことも。
ローンの一本化をすることによって、返済日が月に1回になりますから管理が楽ですし、精神的にも負担が減るというメリットがあります。

スポンサードリンク

ローン一本化の審査と甘い所はどこ?

ローン一本化の審査はまず、必要な書類を一式揃え、申込み手続きを行うと、ローン融資のための仮審査が行われます。

最近では、書類が不要で、ネット上で出来てしまうローン一本化も登場してきました。

仮審査で問題がなければ正式な審査に入るという流れが一般的です。

ここでの注意事項として、審査中に他社から借り入れをしてしまったりすると融資を断られる可能性があります。

バレないだろうと思っていても、この業界は繋がっていますので、バレますよ。

また、転職や離職をすると融資を断られる可能性があります。

ローン一本化の契約が無事完了すると、他で借りているお金の分だけ、自分の口座に振り込まれ、自分でそれぞれの所に返済します。

もしくはローン一本化した所が他の借入先に話を通して、全額返済の手続きを済ませてくれます。

審査の甘い所はどこ?
よくローン一本化で審査の甘い所はどこなのということで、ここが甘いという噂が流れますが、基本的には全てデタラメであると考えていた方が良いでしょう。

審査が甘いとその金融機関が貸し倒れを起こしてしまいます。

審査をとても厳しく行っている銀行でさえ、貸し出し先が返済できずに不良債権を積み重ねてしまうのです。

もし審査が甘かったら、経営破綻破してしまいますので、ここだけは他より審査が甘いという場合、何かしら裏があると思った方がよいでしょう。

ローン一本化のデメリット

ローン一本化はメリットばかりではありません。デメリットもあります。

返済総額が増える
ローン一本化のメリットとして「支払い期間を短く、返済総額を抑える事が出来る」がありましたが、期間が伸び、返済総額が増える場合があります。

ローン一本化で負担を減らしたいからといって毎月の返済額を少なめに設定してしまい過ぎるとどうしても支払期間が長くなります。

そうなると支払総額が増えてしまう場合があります。

ローンの一本化をする際には、毎月の返済額も大事ですが、返済総額を考えてプランを立てる必要があります。

審査に通らない
ローンの一本化をした方が得だといっても、この審査に通らない可能性があります。

多重に借りている所よりも審査が厳しいのが普通です。

借入れ件数5件以上ある場合には、審査に通りにくくなると言われています。

また、過去半年くらいの返済状況も調べられ、返済が遅れたりしたことがあると厳しいでしょう。

審査の厳しい所では、携帯電話の支払い状況もチェックしたりします。

この辺に問題がある方はローン一本化の準備に場合によっては半年ほど必要になってしまいます。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 生活 ,