これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

鼻がむずむずする原因が風邪や花粉症ではない場合とは?

0118muzumuzu

鼻がむずむずする、風邪や花粉症でもないのにむずむずして、しかも一年を通してこのような症状がでていると不快なだけではなく、集中力もなくなってしまいます。

さらにかゆい症状も加わることが多いです。

むずむずしてはいるが鼻の中は乾燥していて、鼻水はでないのに鼻をかみたくなる場合もあります。

スポンサードリンク

そこで、鼻がむずむずする原因が風邪や花粉症ではない場合について紹介します。

また、鼻がむずむずしてかゆい場合とむずむずして尚且つ乾燥感がある場合の原因と治療についても紹介します。

鼻がむずむずする原因とは?

アレルギー性鼻炎
鼻がむずむずする原因は、風邪や花粉などのよるものが一般的です。

そうでなく一年を通して鼻がむずむずするのでしたら、
アレルギー性鼻炎である可能性が高いです。

アレルギー性鼻炎は、鼻がむずむずするだけではなく、かゆみがでたり、くしゃみが多かったり、粘り気のないサラサラとした透明な鼻水が出たりします。

鼻がつまり嗅覚が鈍くなったり、口呼吸になる方もいます。

鼻がむずむずする原因となっているアレルギー性鼻炎は、鼻から吸い込まれた異物が侵入したときに、その異物に対応する特定の抗体が体内に存在すると、異物と抗体が結合し、鼻の粘膜でアレルギー反応が起こり、鼻がむずむずするのです。

鼻から吸い込まれた異物が花粉なら花粉症になるのですが、一年を通してだと考えられる異物の原因は、
室内のほこりであるハウスダストやダニです。

治療
鼻がむずむずする原因となるアレルギー性鼻炎の治療は、まずは
生活環境や生活習慣の改善とハウスダストやダニのない状況を作ることです。

その上で症状を抑える薬物療法を行います。

抗ヒスタミン薬や ケミカルメディエーター遊離抑制薬、ステロイド薬を使った治療が中心的な治療法となっています。

ほかにアレルゲンのエキスを少しずつ皮下注射して、アレルゲンに対して過剰な反応を起こさないように体を慣らしてゆく方法はあります。

外科療法
鼻がむずむずする原因となるアレルギー性鼻炎が重度で、薬物療法などでは改善がみられない場合もあります。

このような場合、鼻の粘膜を切除・収縮させ、アレルギー反応が起こってしまう箇所を減らし、症状を抑える
外科療法(手術)にて改善させる場合もあります。

メスで鼻の粘膜を切除する下鼻甲介粘膜切除術や鼻の粘膜にレーザー光線を照射するレーザー手術、化学薬品を使って鼻の粘膜を収縮させる化学焼灼法などがあります。

背中のむずむずは骨盤の歪み?顔・歯茎がむずむずする原因とは?

鼻がむずむずしてかゆい

鼻がむずむずして、なおかつかゆいのでしたら、一番可能性があるのはアレルギー性鼻炎です。

ほかに血管運動性鼻炎や鼻前庭炎である場合があります。

血管運動性鼻炎
鼻がむずむずしてかゆい場合、血管運動性鼻炎というアレルギー性鼻炎とほぼ同じような症状がみられる鼻炎である可能性があります。

血管運動性鼻炎については詳しいことがわかっていません。

疲れや寝不足、ストレス、気温差の影響や飲酒、タバコの煙などによって、自立神経の働きが乱れて症状がでると考えられています。

治療
症状を抑える対処療法として、抗ヒスタミン薬や副腎皮質ホルモン薬、自律神経薬など薬によって症状を和らげます。

外科療法(手術)にて改善させる場合もあります。

鼻前庭炎
鼻孔の開口部のすぐ内側を鼻前庭といいます。

ここが炎症を起こすことを鼻前庭炎といい、鼻がむずむずしてかゆい症状がみられます。

鼻前庭炎は、鼻をほじくったり、鼻毛を抜いたりして
鼻孔の開口部が傷いてしまい、そこから細菌が入り炎症を起こします。

症状が悪化すると、おでき(鼻せつ)ができ、患部が腫れ、かなりの痛みを感じるようになります。

治療
鼻前庭炎の治療は、抗生物質入りの軟膏を塗布します。

おでき(鼻せつ)が出来てしまった場合には、軟膏と併せて消炎剤や抗生物質の内服薬を併用します。

抗生物質入りの軟膏で効果が得られない場合、手術で膿を取り出す場合もあります。

脚がむずむずする原因は?ムズムズ脚症候群とその対処とは?

鼻がむずむずして乾燥感がある

ドライノーズ
鼻がむずむずして乾燥感があるのでしたら、ドライノーズかもしれません。

ドライノーズは、むずむずして乾燥感があるほかに、鼻水は出ないのに鼻をかみたくなったり、ピリピリとした痛みを伴ったりします。

ドライノーズの原因は、気密性の高いオフィスやマンション・ホテルなどの
乾いた室内で1日の大半を過ごすことだといわれています。

また、飛行機や新幹線に乗ったとき、アレルギー治療用のスプレー薬の使用等で、症状がでる方がいることも知られています。

治療
治療というものは特になく対策をするということになります。
対策としては、乾燥を避けることです。

そのため加湿器を使用したり、濡らしたガーゼを当てたマスクを着用したりします。

市販のドライノーズスプレーなどを使用し、鼻を湿らして、洗浄して汚れを取り除くようにします。

生理食塩水を綿棒などに付けて、鼻の中に塗ります。
専用の器具や液がドラッグストアなどで販売されています。

鼻洗浄の一覧<楽天市場>
ドライノーズスプレーの一覧<楽天市場>

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康