これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

睡眠時間が短いと太る 短いと太る理由と痩せる眠り方とは?

suiminfutoru

睡眠時間が短いと肌には良くないということは、多くの方が認識していることですが、実は睡眠時間が短い人の方が肥満度が高いというデータがあります。

7~8時間眠ると肥満度が低くなり、4時間を切ると肥満度が大幅に上がるということが、日本人の健康診断のデータを分析した研究からわかっています。

スポンサードリンク

睡眠時間が短いと太る理由と太らないで痩せる眠り方について紹介します。

睡眠時間が短いと太る

睡眠時間が短いと太るということは、日本人の健康診断のデータを分析しわかっていることです。

もちろんこれは日本人だけではありません。

ダイエットを始めようと思っている方や実践中の方は、ご自分が睡眠不足かどうかを確認しておいたほうがよいでしょう。
どんなに良いダイエット方法を行っても、睡眠不足だとその効果は半減してしまいますから。

まずはしっかりと睡眠を取る習慣をつけることが大切です。

また、早寝早起きの習慣をつけることによって、さらにダイエット効果が上がります。

肥満で悩んでいる人は、夜更かしや睡眠不足の人が多くいるようです。
生活習慣の乱れは肥満を引き起こす引き金となってしまいます。

また、同じ量の食事を摂っていても、夕食や夜食をメインにしてしまうと太りやすくなります。

さらに夕食や夜食を食べてからすぐに寝てしまうと、太りやすくなってしまいます。

睡眠はそれほどカロリーを必要としていません。
しかし、寝る直前に食べるということは、カロリーが消費されないまま、体内に残ってしまいます。

スポンサードリンク

睡眠時間が短いと太る理由

睡眠時間が短いと太る理由のひとつが、
ホルモンのバランスが崩れてしまうからです。

睡眠時間が短いと、満腹ホルモンが減り、空腹ホルモンが増えてしまうのです。
睡眠時間が短い方の方が、食欲が増してしまう傾向があるのです。

また、空腹ホルモンが増えると高脂肪、高カロリーなものを好むようになるのも太る理由です。

それに睡眠時間が短いと上手く疲労を回復することができません。
そのため余分にカロリーを取って、それで補おうとしてしまいます。

夜更かしをしているとお腹が空いてきます。
睡眠不足を補うために、身体がカロリーを要求してしまいます。

そのため、お腹が空いてきて我慢ができなくなってしまい、ついつい食べてしまう結果になります。

また、夜更かしをしていなくても、睡眠不足だとお腹が空きやすくなってしまいます。

十分な睡眠を摂っていれば、食事の量も必要分だけ摂っていれば満足できるようになります。

カロリーを消費しない所に過剰なカロリー摂取をしてしまえば、消費されずに体内に残っていってしまうのは当然のことと言えるでしょう。

夜更かしをして何も食べないのは辛いものです。
そのため、早寝早起きを実行するようにして、夜食で食べる分を早朝に持ってきた方が太りません。

朝はこれから活動が開始される時間帯です。
しっかりと栄養を摂って、一日の良いスタートを切りましょう。

睡眠時間が短いと太る 痩せる眠り方とは?

睡眠時間が短いと太ることがわかっています。
では痩せるにはどのような眠り方をすれば良いのでしょうか?

私たち人間は本来、日の出とともに起きて、日が沈んだら早めに休むというのが自然の働きです。

しかし、現代人は24時間人工の光にさらされている場合もあり、睡眠のバランスが崩れがちです。

就寝前はテレビやパソコン、スマホといった光のない状態を作っていくことが大切です。

また、午後10時から午前2時はゴールデンタイムと言われ、成長ホルモンが出てくる時間帯です。

しかし、この時間帯に睡眠を取っていなければ、この効果を得られることができません。

早寝早起きを習慣化して、夕食は軽めに取ることが大切です。
しっかりと食べるのであれば、就寝する予定の時間の理想は3時間前、少なくとも2時間前には夕食を済ます食生活に変えていきましょう。

睡眠時に胃の中に消化されない食べ物があると、睡眠の妨げにもなりますし、太る原因にもなってしまいます。

逆に言えば、食っちゃ寝の生活をしていれば、身体は太ってきます。
食事は朝食や昼食などの活動時間帯を中心に摂るようにしましょう。

夜は寝てしまうだけなので、いくらお腹が空いていても、その時に一気に食事をしてカロリーを取ってしまえば、太ってしまうのは当然のことと言えるでしょう。

ストレスは睡眠時間と関係があり、所有することから始まる

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康, 美容