これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

プチ断食でヨーグルトを食べる方法と断食するときの注意点

danjiki2

プチ断食で最も重要とされているのが回復食です。

ここを気をつけないと今までで一番のリバウンドをしてしまうかも知れませんよ。

そして、なかにはプチ断食でさえ辛くて続かないという方もいると思います。

そのような方にはヨーグルトを食べるプチ断食がおすすめです。

プチ断食でヨーグルトを食べる方法のメリットを紹介します。

また、プチ断食では回復食がとても重要な訳とプチ断食をするときの注意点も紹介します。

スポンサードリンク

プチ断食、ヨーグルトを食べる方法のメリット


プチ断食でも空腹が辛いという方はヨーグルトを食べる方法を実践してみてはいかがでしょうか。

通常のプチ断食というのは、3食食べずに翌日の朝食もお粥などにする方法が一般的です。

食事を抜くことで、胃腸の働きを休め、回復させてあげることがプチ断食の目的です。

結果、免疫力が上がったり、代謝が良くなったりしてダイエットになるというものです。

3食食べない空腹が耐られない場合、食事の代わりに無糖のヨーグルトを150g食べるようにして空腹をしのぎましょう。

合わせて無糖の野菜ジュースを飲めば、かなり空腹をしのげるでしょう。

プチ断食は固形物を摂取しないことに意味があります。

ヨーグルトならば固形ではないため、胃腸を休ませることができます。

それにヨーグルトを食べるメリットとして、善玉菌を腸に届け、腸内環境を整えることにも効果を発揮してくるからです。

ヨーグルトだけを食べることで、腸内環境を良くして、免疫力がアップしますし、代謝が良くなり、お肌にも良い効果をもたらしてくれますよ。


プチ断食は回復食がとても重要


プチ断食の効果を得るためには回復食がとても重要になってきます。

プチ断食が終了した時点というのは当然空腹感がかなりのものです。

「食べたい!」という気持ちになりますよね。

しかし、プチ断食によって休ませていた胃腸に大量の食べ物を入れてしまうと、普段以上に体に吸収しようとするので、リバウンドを起こしやすいのです。

なので、プチ断食をした後の食事は、普通に食べるのではなく、お粥などの回復食にしなければなりません。

その後も7割程度にして、いきなり普通の量に戻さないことがとても重要です。

プチ断食をするときの注意点とは?


プチ断食をするときの注意点としては、まず脱水症状にならないようにすることです。

プチ断食をしていると当然、食事は摂りません。

そうすると脱水症状を起こしやすくなります。

プチ断食中も水だけはしっかりと飲むことを忘れないでください。

次に運動は控えるようにしてください。

食事を摂らないで運動をしてしまうと、不整脈になる恐れがあるからです。

もし、運動をするのであれば、軽いものを短時間だけにしておきましょう。

プチ断食で一番注意しなければいけないのが、終わった後の回復食です。

いきなり普通の量を食べてしまうとリバウンドしてしまう可能性が高く、せっかくのプチ断食が台無しになってしまいますので、気をつけてください。

回復食のレシピ一覧<楽天レシピ>

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - ダイエット, 食品 , ,