これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

UVケアは肌だけじゃない、髪の毛や目にしないとどうなる?

sigaisen

UVケアというと日焼けをしないようにして肌を紫外線から守るというイメージですよね。

最近では年間を通してUVケアが必要とも言われています。

もちろんそうなのですが、UV(紫外線)の影響というのは肌だけではありません。

スポンサードリンク

髪の毛や目も紫外線から守る必要があるのです。

UVケアが必要な理由と髪の毛や目をUVケアをしないと、どのような影響があるのかを紹介します。

UVケアが必要な理由


肌を紫外線の害から守ることをUVケアといいますが、UVケアが必要な理由は、浴び続けていると肌の代謝ターンオーバーができなくなり、シミができてしまうからです。

また、肌の老化も早く招いてしまいます。

女性の方はこの予防のためにおこなっている方が多いですが、皮膚がん予防のためにもUVケアは男性もした方が良いのです。

赤ちゃんの時からUVケアはしておいた方が良いのです。

UVケアは「美」のためという側面もありますが、皮膚がん予防という「病気」を防ぐという側面もあるため、近年では子供に対してもしっかりとUVケアが必要と言われるようになりました。

UVケアをしないと髪の毛にどのような影響があるの?


UVケアは1年を通して対策をされている方が増えてきています。

スポンサードリンク

しかし、基本はお肌に対してです。

お肌と同様に紫外線を浴びている髪の毛に対しては無頓着な方がまだまだ多いのが実情です。

せっかくお肌を紫外線から守り、シミなどを防いているのに髪の毛が紫外線で傷んでしまっている方が多いのです。

UVケアをしないで紫外線を浴び続けている髪の毛にはどのような影響があるのかというと、髪の毛の色が退色し、ツヤのない髪の毛になってしまいます。

紫外線を浴び続けると髪の毛のキューティクルが剥がれ、枝毛や切れ毛などの原因にもなります。

ほかにも髪の毛の内部が乾燥してしまい、パサパサの髪になりますし、色素も分解されてしまい、退色してきます。

お肌同様、髪の毛も紫外線対策は必須です。

紫外線カット効果のあるシャンプーやトリートメントを使ったり、スプレーで保護したりしてUVケアをお肌と同じくらい気を使いましょう。

UVケアをしないと目にどのような影響があるの?


UVケアというとお肌のケアというイメージですが、目から入った紫外線がメラニン色素を増やし、お肌のシミやシワの原因となっているのです。

また、白内障という目の病気は、紫外線が原因のひとつだということがわかっています。

目を紫外線から守るというと、サングラスや帽子などで防ぐのが効果的でしょう。

大きめの帽子で髪の毛と一緒に保護するのも効果的な対策ですね。

また、目薬などで紫外線による目のダメージのアフターケアも習慣づけるとよいでしょう。

お肌同様に紫外線を浴びている「目」にも注意し、ダメージをケアするようにしてください。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 美容 ,