これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

朝フルーツダイエットの効果と組み合わせ、やっても痩せないのは?

furut

朝フルーツダイエットが話題になっていますね。

名前の通り、朝にフルーツを食べるだけ。それだけで痩せるというから話題になりますよね。

水分や酵素が豊富なフルーツを朝、食べることで、ダイエットのほかにも便秘の解消、甘いものへの欲求が抑えられるというメリットがあります。

しかし、実践しても痩せない方もいますね。

スポンサードリンク

朝フルーツダイエットの効果とどのようなフルーツの組み合わせがよいのか?

なぜ朝に食べるのか?量はどれくらい食べるのか?

やっても痩せないのはなぜなのかを紹介します。

朝フルーツダイエットの効果とは?


朝フルーツダイエットの効果とは、どんなものがあるのでしょうか?

ダイエットといえば空腹感との戦いですね。

フルーツは水分が多く含まれているため、満腹感を得られやすいというメリットがあります。

タンパク質も糖もビタミン、ミネラル、食物繊維も含む完全食がフルーツなんです。

また、フルーツには食物繊維が豊富に含まれているので便秘に効果的ですし、ビタミンやミネラルが豊富なので、肌にもよいです。

また、豊富に含まれているビタミンには脂肪燃焼効果もあるため、運動による脂肪燃焼効率も上げてくれますよ。

もちろん、フルーツには糖分もありますから、お菓子など甘いものを我慢した後、朝のフルーツで糖分も摂取できますしね。

朝フルーツダイエットはダイエット効果以外にも体質改善をしてくれる効果もあるので、人気になっています。

体内の毒素を排出させる効果が大きいので、細胞が活性化したり、身体の抵抗力が高まったりする効果があります。

体の中から毒素を排出すると、肌が綺麗になりますし、便秘が解消するといった効果も得られるでしょう。

朝フルーツダイエットは体を冷やすと勘違いされます。体が朝フルーツダイエットに適応してくると、むしろ冷え性が治り、血行が良くなって身体が熱くなり、脂肪燃焼効果が上がります。

体内の老廃物が排出されることもあり、太りにくい体質へと改善されていきますよ。


朝フルーツダイエット、フルーツの組み合わせとなぜ朝なの?量は?


朝フルーツダイエットは、他の食べ物と一緒に食べたり、食後に食べたのでは、ほとんど効果がないです。

消化時間の長い他の食べ物と一緒に食べてしまうと、消化時間の短いフルーツの栄養を十分に吸収できないからです。

フルーツの組み合わせは、甘いフルーツ同士や酸味系のフルーツ同士という組み合わせで食べた方がよいです。

バナナ・柿・イチジク・ビワ・桃・メロン・スイカ・梨などを一緒に食べるとよい組み合わせです。

酸味系のフルーツ同士なら、柑橘類・プラム・パイナップル・ベリー系・キウイフルーツなどです。

ブドウ・リンゴ・チェリー系などはどちらを一緒に食べてもよいです。

なぜ朝なの?ですが、朝は体が消化に向いていないので、消化酵素が含まれていることと糖分が多く含まれているため、脳の働きを助けてくれるからです。

食物繊維を多く含んでいるので、便秘の解消にもよいですし、脂肪以外の6大栄養素を含んでいるので、栄養バランスもよいからです。

量は好きなだけ食べても問題ありません。

朝フルーツダイエット、やっても痩せないのはなぜ?


朝フルーツダイエットをやったけど全然やせなかった。こういう方もいるでしょう。

やり方が間違っていると効果はでません。

朝フルーツダイエットは、フルーツの豊富な食物繊維や水分を取り入れることもそうですが、フルーツに含まれる酵素を取り入れることが最も大事なことなんです。

酵素を取り入れる前にフルーツが酸化したり、発酵してしまっては意味がないんです。

・他の食べ物と一緒に食べたり、食後に食べる。
・フルーツを食べる前に水分を摂取してしまっている。
・生の完熟フルーツではなく、缶詰を使っている。
・カットしてから時間が経ったフルーツを食べている。
・作ってから時間の経ったフルーツジュースを飲んでいる。

このようなやり方でのフルーツダイエットでは、効果が得られませんので、改善が必要でしょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - ダイエット ,