これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

スーツケースの機内持ち込み、サイズは国内線・国際線も同じ?

suitcase

スーツケースの機内持ち込みは雑な扱いをされて、壊れる心配がないので、貴重品を入れてなるべく持ち込みたいもんです。

スーツケースが壊れたり、故障するのって、9割以上が航空会社に預けたときです。

特に海外の空港では扱いが乱暴。壊されたり、故障して帰ってくることが日常茶飯時。

スポンサードリンク

スーツケースの機内持ち込みが可能サイズというのは、国内線と国際線で違うのか?

持ち込める個数に制限はあるのか?
機内持ち込みにおすすめのタイプを紹介します。

スーツケースの機内持ち込み、可能サイズは国内線と国際線で違う?


スーツケースの機内持ち込みが可能サイズは、基本的に国内線も国際線も同様です。

座席数によって機内持ち込みが可能なサイズが変わります。

100席以上の場合、縦・横・幅の3辺の合計が115センチ以内で、かつ、それぞれのサイズが55cm×40cm×25cm以内のスーツケースなら機内持ち込みが可能です。

100席未満の場合、縦・横・幅の3辺の合計が100センチ以内のスーツケースが機内持ち込みが可能です。

3辺の合計には、ハンドルや車輪などの付属品部分も含みます。

スーツケースの機内持ち込みが可能な数は1つで、重さが10キロ以下です。

これはエコノミークラスの基準です。ビジネスクラス、ファーストクラスはもっと優遇されています。

このサイズだと30リットルのものがほとんです。
しかし、最近では、設計の根本的な見直しにより、115センチ以内という制限に適合して40リットルという大容量を確保しているものが出てきています。

スーツケースの機内持ち込みはこの手のものを探してみてください。

海外旅行での安全対策 携帯とホテルのドアがノックされた時


スーツケースの機内持ち込み、個数に制限はあるの?


スーツケースの機内持ち込みは個数が1つと決まっています。

しかし、これとは別にもうひとつ「身の回り品」を持ち込むことができます。

「身の回り品」は座席下に入る大きさなら機内持ち込みが可能です。

「身の回り品」はルールや規制がとくになく、「貴重品を入れおくバッグ」のような位置づけです。

貴重品のほかに飲み物・食べ物、雑誌、ノートPC等を持ち込むのに利用する方が多いです。

海外旅行で機内の座席交代をお願いするのと空席移動はいつが狙い目?

スーツケースの機内持ち込み、フレームよりもファスナーがおすすめ


スーツケースには大きく分けて、フレームのタイプとファスナーのタイプがあります。

スーツケースは、使いやすいことと商品のラインナップが豊富なことからフレームタイプがおすすめです。

しかし、スーツケースの機内持ち込みをするのなら、フレームよりもファスナーのスーツケースがおすすめです。

機内持ち込みをするような小さいサイズで、フレームのタイプは、見た目以上に中が狭くなっています。

ファスナータイプは、ナイフで切り裂かれて、中身を盗まれる心配がありますが、機内持ち込みをするので、この心配もありませんね。

ファスナータイプなら、ちょっと何かを取り出したい時、すぐにとりだせるのでおすすめです。

海外旅行に女性が持って行くべき便利グッズと機内でのおすすめグッズ

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - おでかけ ,