これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

就職面接「私服でお越しください」で失敗しない服装とは?

mensetu

就職面接での服装で、あえて「私服でお越しください」という企業が増えてきています。

昔はアパレルや繊維商社ぐらいなかったのですが、マスコミ関係や金融等の様々な業界で、私服での就職面接が増えてきています。

面接でほとんどが決まる就職活動なので、その面接に行く時の私服はとても大事ですね。

スポンサードリンク

「自分らしく」と思って、半ズボンにサンダルではいけませんよ。

なぜ「私服でお越しください」が増えているのか、失敗しない就職面接での「私服」について紹介します。

私服でお越しくださいが増えている


就職面接での服装、事前に「私服でお越しください」と言われることが増えてきてきます。

面接を受ける人が迷いに迷い、裏読みしてしまう「私服でお越しください」。

言葉のとおりに捉えて問題ありませんよ。

アパレル関係やデザイン関係によく見られのは、応募者の私服センスをチェックするためですが、他の企業ではちょっと違います。

なぜ「私服でお越しください」が増えているのかというと、同じようなリクルート・スーツでは個性がないので、外見から面接応募者のパーソナリティを判断する材料にならないからです。

スポンサードリンク

かしこまったスーツを着ているせいで、自分らしさが面接で出しきれない人も多いからというのもあります。

「私服でお越しください」は、限られた面接の時間で、お互いが話しやすい状態にしたいという企業の配慮と捉えて大丈夫です。

本当に私服で行ったから不合格になるなど裏読みする必要はありませんよ。

失敗しない私服


就職面接で「私服でお越しください」と言われたら、どんな服装でも良いという訳ではありません。

普段は半ズボンにサンダルというスタイルだからといって、その格好で面接に行くのには不適合です。

私服で内定を獲得出来なかったではアホらしいので、無難な服装で行きましょう。

「私服でお越しください」と言われたら、シャツにジャケットの「ビジネスカジュアル」が無難です。

ジャストサイズものを着用しましょう。
シャツはポイントになりますので、少し気をつけたほうがよいでしょう。

派手な色ではなく、薄い色や濃くないストライプ柄などを清潔感あるように着こなせていれば問題ありません。

あまり好ましくない服装


「私服でお越しください」と面接に行くときの服装で、あまり好ましくない服装はジーンズです。

ジーンズは老若男女問わず履いているものですが、元は工場や炭坑で働く時の作業着ですから、いくら私服でといってもイメージはあまりよくありません。

ジーンズのほかにトレーナーやパーカー、スニーカーにサンダルは止めましょう。

色も明るすぎるものや派手なものは避けましょう。
清潔感のある私服で面接には向かいましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 生活 ,