これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

卒業式のママの服におすすめのコサージュと色と付け方

kosaju

卒業式に出席するママの服に付けていただきたいのがコサージュ。

付けるだけでスーツや和装が華やかになるので上手に活用してほしい
アイテムのひとつです。

スポンサードリンク

しかし、色や付け方によっては、せっかくの卒業式のオシャレが
台無しになってしまいます。

卒業式のママの服におすすめのコサージュ、おすすめの色、
きれいに見えるコサージュの付け方を紹介します。

卒業式におすすめのコサージュ


卒業式に出席するママの服といえば、フォーマルスーツ、もしくは
和装を着用されるのが一般的です。

そういう場に相応しいコサージュとは、一体どういったものなの
でしょうか?

コサージュは大きく分けると布製のものと生花・造花製ものがあります。

卒業式に出席するママの服に付けていただきたいのが生花・造花製の
コサージュです。

卒業式という厳粛な場には生花・造花製のコサージュがぴったりです。

生花のコサージュは、事前に生花店に予約すると、卒業式当日に
コサージュが入手できます。

また、プリザーブドフラワーで出来たコサージュもおすすめです。

卒業式だけのために用意するのはちょっと勿体無いですよね。
プリザーブドフラワーなら、卒業式で使用した後も飾っておけるので、
思い出として残すことができます。



卒業式におすすめのコサージュの色


卒業式におすすめのコサージュの色ですが、卒業式の季節というのは、
肌寒いけれど、春への期待感で胸膨らむような時期ですね。
なので春色がおすすめとなるわけです。

淡いピンク、オフホワイト、薄いブルー、淡いオレンジ系、
シルバーに近い明るめの薄いグレーなどを選んで下さい。

赤やブルー、パープルなど濃いめの色やはっきりした色は
夜のパーティ風に見えたりしますので、おすすめできません。

こういった濃いめの色がお好きな方は、生花のコサージュにしましょう。
フレッシュな生花なら、濃いめの色でも比較的使っても
おかしくなりません。

きれいに見えるコサージュの付け方


卒業式に出席するママの服にぜひ付けていただきたいコサージュ
ですが、その付け方に決まりはあるのかというと、特になくて
左右どちらに付けてもマナー的には問題ありません。

しかし、実際付けている方を見るとほとんどが左胸ですね。
コサージュに目線が集中しスタイルよく見えるといわれる位置が、
左胸よりやや高め、丁度鎖骨の辺りです。

脇の付け根と、鎖骨の間ぐらいに付けると顔を明るく見えると
いわれています。

卒業式に出席するママの服が襟のある服なら、襟の部分につけるのが
丁度良いでしょう。

生花のコサージュをつける場合には、茎の位置をどうすればよいか
という問題があります。

生花のコサージュの茎は上、花を下にするのが正しい付け方
となります。

茎が長いという場合、少し折り曲げ、体の外側に向くように
斜めに付けると美しく見えます。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 行事・イベント , ,