これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

クレベリンは効果がない?厚生労働省が効果を認めているのは?

uirusu

ノロウイルス対策として空間除菌グッズが話題になりました。
その代表的なのがクレベリン。

しかしこれらの商品に対して消費者庁は、効果を裏付ける根拠が
ないとして、再発防止などを求める措置命令を出しました。

そこで、厚生労働省が効果を認めている次亜塩素酸ナトリウムと
いうものについてご紹介します。

スポンサードリンク

クレベリンは効果がないの?


冬場の流行時期ではない5月から10月にかけてもノロウイルスに
かかることがあります。

そのため、ノロウイルス対策や予防は1年中意識しなければ
いけなくなってきています。

ノロウイルス対策として、二酸化塩素の効果で生活空間の除菌・消臭が
できるとうたう空間除菌グッズが大ヒットしています。
有名どころはクレベリンですね。

しかし、消費者庁は、二酸化塩素という物質によって、空気中の細菌や
ウイルスを除去するという触れ込みの商品を販売している
大阪の大幸薬品や愛知の中京医薬品など17社に対して、
効果を裏付ける根拠がないとして、再発防止などを求める措置命令を
出しました。

クレベリンは効果がないのでしょうか?
大幸薬品などは反論している状態です。

スポンサードリンク

厚生労働省が効果を認めている次亜塩素酸ナトリウムとは?


厚生労働省がノロウイルスやインフルエンザの対策・予防として
推奨しているものに次亜塩素酸ナトリウムがあります。

厚生労働省のホームページには、ノロウイルスの失活化には、
エタノールや逆性石鹸はあまり効果がなく、ノロウイルスを完全に
失活化する方法には、次亜塩素酸ナトリウム、加熱があると
書かれています。

調理器具等は洗剤などを使用し十分に洗浄した後、
次亜塩素酸ナトリウムで浸すように拭くことでウイルスを失活化
できると書かれています。

しかし、次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性であるため、
人体に触れると危険というデメリットがあり、直接人への
除菌剤としては使用出来ません。

キエルキンとは?


厚生労働省が効果を認めている次亜塩素酸ナトリウムは、
残念ながら人体に直接使えません。

しかし、キエルキンと呼ばれるものが出てきています。
弱酸性次亜塩素酸キエルキンというもので、次亜塩素酸ナトリウムを
弱酸性に調整し、人に対して安全に使える除菌剤です。

PH値6.0前後なので肌と同じ弱酸性の除菌剤となっています。

弱酸性次亜塩素酸キエルキンは、直接、人の手や指に塗布できる
ため、ノロウイルスやインフルエンザの対策・予防として効果が
高いといわれています。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 , ,