これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

仰向けに寝ると腰痛いのはなぜ?痛くならないようにするには?


仰向けに寝ると腰痛いという方はたくさんいます。朝起きると痛かったり、痛くて夜中に目が覚めてしまう人も。

本来、寝ることは体の疲れなどを回復させるもので、とても重要なものです。身体を休ませるための睡眠によって、腰が痛くなってしまっては本末転倒ですね。

そこで、仰向けに寝ると腰痛いのはなぜなのかと寝ても腰が痛くならないようにするには、どうすればよいのかについて紹介します。

スポンサードリンク

仰向けに寝ると腰痛いのはなぜ?

首と腰に負担が掛かっている

仰向けに寝るという人は多いと思いますが、これが腰痛い原因になっている人も少なくありません。

腰痛には様々な原因がありますが、特に睡眠時のベッドや枕の位置など、寝た状態での姿勢の問題は中々分かりにくいものです。

この寝た状態では、立った状態や座った状態と比べて、重力は背面部全体に掛かる為、一見負担が少ないように感じられます。しかしながら、普通、人間の身体は立つ為に背骨が横からみると、S字状に弯曲(カーブ)しています。

その為、仰向けで寝た場合は腰の部分と首の部分が宙に浮いた状態となり、結果的に長時間仰向けになっていると首と腰に負担が掛かるのです。

首の負担は腰への負担につながるので、結果、腰痛い症状が出ることが多いのです。つまり、ベッドの硬さ柔らかさや枕の高さが腰痛の原因にもなるのです。

どんな人が痛くなるの?

仰向けに寝ると腰痛いという人は多いですが、仰向けに寝るというのは本来、寝る姿勢のなかでは、もっとも腰に負担がかかりにくい姿勢です。

しかし姿勢が猫背気味の方や腰が反り気味などの方は、仰向けになって寝ると、寝ている面と腰の間がかなりあき、大げさに言えば、ブリッジをして寝ているようになってしまっているのです。

これでは首と腰が負担がかかるので腰痛いという状態になります。

腰痛の原因がベッドや枕の場合とは?

腰痛の原因がベッド

仰向けに寝ると腰痛い人は姿勢が悪いことが多いのですが、それだけが痛くなる理由ではありません。ベッドが原因で痛くなっている人もいます。

ふかふかの柔らかいベッドで寝ている方も多いと思いますが、首や腰の負担を減らすように柔らかいのですが、柔らかすぎるのは問題です。

柔らかすぎると腰の部分が沈んで体が支えられず、重量が掛かって寝返りが十分に打てず腰痛に繋がります。

また、安いベッドでありがちなのが、体の重さなどでへたってきてしまい、腰の部分が沈んでしまって腰痛を起こすことがあります。

では、硬いのが良いのかというと、硬すぎると今度は腰や肩などの出っ張っている部分に重さがかかり過ぎた状態となり、こうなると筋肉が寝ていても緊張しているので、疲れが取れません。

腰痛の原因が枕

寝ると腰痛い人は枕が原因になっている場合も考えられます。寝ている状態というのは、後頭骨と背中が着き、浮いた部分の骨に負担が掛かります。なので、この負担を軽減する為に後頭部を少し上げた形になるように枕でするのです。

しかし、この枕が高すぎると首の部分に余計に負担がかかり、低すぎると顎が上がってしまい、骨盤が前傾してうつ伏せに寝ているような背骨の曲がり方になっていまいます。

腰に負担がかかれば腰痛になりますが、首に負担がかかっても腰への影響がでますので、枕によっても腰痛を引き起こす場合があるのです。

スポンサードリンク

仰向けに寝ても腰が痛くならないようにするには

体圧分散

寝る姿勢で一番多い仰向けで寝ても腰が痛くならないようにするためには、ベッドを体圧分散がしっかりとされているものに変えるのがオススメです。

寝ているときの身体にかかる重さが均等に分散してくれるものだと、腰だけでなく体全体への負担が少なく、ゆっくりと身体を休ませることができます。

しかし簡単にはベッドを買い替えることはできませんので、腰の部分にタオルなどを敷いて、腰が沈まないように調整することで腰痛を防いでみてはいかがでしょうか。

硬めの枕を選ぶ

柔らかい素材で出来ている枕は、気持ちいいですが、寝返りをするときに、実は必要以上の力を使ってしまっているのです。それだけ首に負担をかけて寝返りをしているということです。

柔らかいと後頭部が沈み込むため、寝返りに力を使うのです。首が圧迫されない蕎麦殻などの硬めの枕や高反発なラテックス素材の枕を使うようにしましょう。

低反発は適さない人も

自分の体重に合わせ、形状が変化するということでブームとなり、一時期大量に低反発の寝具が販売されていました。

低反発だと腰が沈みやすいですし、寝返りの回数が減り、身体に負担がかかります。普通、背骨は横からみると、S字状に弯曲(カーブ)しているのですが、S字状になっていない人もいます。腰が比較的真っ直ぐになっている人にとっては、単に柔らかいだけとなってしまいます。

これとは反対の高反発ものは、腰や背中が沈まず、体圧分散に優れていますのでオススメです。

>>ダイエットが腰痛の原因?30代以降はとくに注意が必要な理由

>>腰痛の原因は婦人科系の病気?安静時でも腰が痛いのなら要注意

>>朝食が腰痛の原因に?食べると腰が痛くなる理由と防ぐ食べ方

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康, 腰痛 , ,