これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

海外旅行保険は病気になった場合の現地の手続きを考えて選ぼう


海外旅行保険を病気などになったために使う場合、現地の手続きのことも考えなくてはいけませんね。この手続きが日本国内ではないので結構大変な場合も多いのです。

しかし、加入する保険によっては楽になります。では、どのような保険を選んでおくと手続きが楽になるのでしょうか?

海外旅行保険で病気になった場合の現地の手続きを考えてのオススメの保険のタイプと海外旅行保険の適用を手続きできない場合について紹介します。

スポンサードリンク

海外旅行保険を現地の手続きを考えて選ぶ

海外旅行保険を現地の手続きを基準に選ぶのも1つの方法です。

現在では、海外旅行に行く人が増えていて、アジア圏に関しては国内旅行をするよりもリーズナブルで済ませることができて魅力的です。しかし、交通費が安く済むといっても、国内ではなく海外であるとを忘れてはいけません。

少しでも安心感を得るために事前に海外旅行保険に加入するのは当然ですが、同時にもしもの時に備えて手続きの方法を知っておく必要があります。

保険代が安いばかりでなく、現地での手続きを考えて保険を選ぶのでしたら、オススメはキャッシュレスタイプの海外旅行保険となります。

キャッシュレスタイプは、通常の海外旅行保険に比べると保険の値段は高くなるのが一般的ですが、海外旅行先で病院を利用した場合に支払いがあなたではなく、直接保険会社に請求が行くので手続きの面倒がなく、トラブルが少なく済みます。

旅行先の国でのコミュニケーションに自信がない場合、こちらに加入しておくと金銭関係でやり取りがなくなりスムーズになるので安心です。

医療費キャッシュレスサービス付きのクレジットカードがあるので、1枚は持っていると重宝するのではないでしょうか。

海外旅行中に病気になった場合の手続き

海外旅行保険は病気になった場合などを考えて加入しておくべきですが、実際利用することになった場合、現地での手続きという問題があります。

海外旅行中に怖いのが事故や病気で病院を利用する場合になり、日本と違って国による保険制度が充実していないところが多く、治療費が高額になる、現金ですぐに支払わなければいけない、そういったケースが出てくることです。

この時に重要なのが加入している保険が適用されるか、手続きはどのようにすればいいのかというところです。

日本の保険会社を利用していて、キャッシュレスタイプでない場合は自分で手続きをしなければいけません。

まず緊急ではなく病院を利用する時には、保険会社の資料に書いてある連絡先に電話をして加入している保険に対応している病院を紹介してもらいます。

頼めば日本語が可能なスタッフのいる病院も紹介してもらえますので、症状を現地の言葉で伝える自信がない時には、保険会社の資料の通り利用してみてください。なのでこの資料は必須で持ち歩きましょう。




海外旅行保険の適用を手続きできない場合


海外旅行保険に加入していても適用を手続きできない場合もありますよね。緊急の病気、事故で病院に運ばれたケースです。

こちらに関しては最悪の場合は保険が適用されず、すべて自腹で支払わなければいけなくなります。

ただ、その際にも事情によっては適用される可能性も出てくるので、無理だと諦めずに必ず保険会社に問い合わせてみて下さい。

ただ適用外の病院で治療を受けた時は支払いに関しては患者にきてしまうので、帰国した後に保険会社と交渉する必要が出てきます。

国内で病気や怪我になるのも大変なことで、これが慣れていない海外となるとさらに厄介です。特に治療費に関しては国によっては莫大な請求がきてしまうので、保険でカバーできるようにしておくと安心です。

そして自ら病院を利用する場合は保険が適用されるところを選ぶことで、事前に保険会社に連絡して紹介してもらうのがよく、事前の手続きが大切になってきます。

オススメのキャッシュレスタイプの海外旅行保険だと、お医者さんや日本人スタッフがいない病院を紹介する場合、通訳を付けてくれたり、病院までのタクシー代も出してくれたりします。

安心を買うのでしたら、保険は価格だけでなく、中身をよく吟味する必要があります。

>>海外旅行保険で歯科治療は受けられるの?利用する場合の注意点とは?

海外旅行・留学保険一括見積もり

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - おでかけ