これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードの注意点とは?


海外旅行保険を付帯しているクレジットカードの中には年会費無料のものが多数あります。

カード付帯の海外旅行保険には大きく分けて2種類あります。この違いは補償に影響がるので理解しておく必要があります。

年会費無料のクレジットカード付帯の海外旅行保険での補償内容や2種類の違いなど海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードの注意点について紹介します。

スポンサードリンク

年会費無料クレカ付帯の海外旅行保険の補償内容

海外旅行保険を付帯しているにもかかわらず、年会費無料のクレジットカードは多数存在しています。

海外旅行保険をなるべく抑えたいと考えている方に強い味方となってくれるカードですが、有名なブランドのものだけでも数十枚という単位で存在しているので、その中から好みのものを選んで発行してもらって、海外旅行に行けば保険料を節約することが可能です。

年会費無料のクレジットカードに付帯している海外旅行保険といってもおまけではありませんので、補償内容についても保険会社が提供しているものに匹敵するレベルのものが多数存在しています。傷害治療、疾病治療、傷害死亡、救援者費用については標準で付けられているものが多く、携行品補償も付帯しているものがほとんどです。

補償額についてはそれほど高くないものが多いのは確かですが、傷害及び疾病治療については200万円前後、傷害死亡は1000万円から2000万円、救援者費用では200万円前後が標準的になっています。

また携行品補償についても20万円から30万円が補償されているのが通常です。これに加えて、各会社が独自に行っているサービスもあるので注目すると良いでしょう。ショッピング保険が付帯していたり、家族補償が受けられたりする場合もあるので必要に応じて選ぶと役に立ちます。

年会費無料クレカ付帯の海外旅行保険には2種類ある

年会費無料のクレカに付帯されている海外旅行保険には大きく分けて2種類あります。この違いをしっかりと理解しておきましょう。

2種類とは自動付帯と利用付帯です。自動付帯とは、特に海外旅行に関わるところでクレジットカードを使用していることが条件にならないのが特徴であり、発行さえしてあれば条件を満たしていて補償を受けられるのが基本になっています。

それに対して利用付帯の場合には利用することが前提条件です。どのような形での利用まで許容されるかは会社の規約によって異なるので注意しましょう。

旅行中の支払いに使用された場合に、その支払いに関わるところだけ補償する場合もあれば、旅行代金の主な部分の支払いに使用されていなければならない場合もあります。

しかし、一概には言えないものの利用付帯の方が全体としては補償内容が高めになる傾向はあるので、旅行中に使用する一枚として適切なものが見つかったら利用付帯にするのも良い方法です。




年会費無料のクレカに付帯している海外旅行保険の注意点

クレカに付帯している海外旅行保険は、年会費無料のものだと補償内容は全体として年会費が有料のクレジットカードに比べると上限額が低いなどの補償内容に違いが生じていることもあります。

安心のために発行しておくのは賢明ですが、もしもっと充実した補償が欲しいと考えたら複数枚の発行を行っておきましょう。海外旅行保険を重ね合わせて使用することができるので、一枚だけでは上限額が低くても何枚か持っているだけでカバーできるようになるのです。

なお、重ね合わせて使えないカードもあるので、合わせて補償が得られるのかは必ず確認しましょう。

>>クレジットカード付帯の海外旅行保険は旅行以外のときは使えないの?

>>海外旅行保険でカード付帯のものは本人だけ?家族には適用されない?

海外旅行・留学保険一括見積もり

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - おでかけ ,