これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

女性にも起こる加齢臭 その原因とは?若くても出るの?

karei

自分の臭いというのはなかなか自分では気づきにくいものです。

女性の方は、加齢臭は男性特有のものだと思っている方が
多いようです。

実は生活習慣の変化により、女性にも増えてきています。

女性にも起こる加齢臭の原因とはどういったものなのか?
若くても出るといわれる理由についても調べてみました。

スポンサードリンク

加齢臭は女性にも起こる


加齢臭は女性にも起こるってご存知ですか?
男性特有のものだと勘違いされている方が多いようですが、
そんなことはありません。

加齢臭はニオイ成分のノネナールが発生することによって
起こるのですが、ノネナールが発生するのには
男も女も関係なく発生します。

ノネナールの発生は脂質の分泌量が多いと起こります。
脂質の分泌量は女性より男性の方が多いですから、
男性から強く臭うのです。

女性の方は女性ホルモンの影響で、脂質の分泌が抑えられています。
しかし、女性でも脂質の分泌量が増えれば、
男性と同じような加齢臭が起こります。

加齢や更年期などの影響で、女性ホルモンが減少すると
加齢臭が起こることがわかっています。

女性の場合は体の中でも最も皮脂の分泌が多い頭皮から、
ある日突然、加齢臭を感じることが多いです。
チーズ臭さのような臭いをすることが多いようです。

原因とは?


女性にも起こる加齢臭ですが、原因としてどのようなものがあるか
というと一番は女性ホルモンの減少によって
男性ホルモンが多くなるからです。

他の原因としては、タバコやお酒、ストレスが原因となって
加齢臭を引き起こします。

加齢によって抗酸化力が落ちて、脂肪酸が酸化されます。
要するに体が錆びるという感じです。

このときに作られるのがノネナールで、加齢臭のニオイ成分なのです。
体が酸化するということはノネナールを発生させてしまうのです。

タバコには血液中の酸素を減らしてしまう働きがあるため、
体の隅々の細胞まで酸素が行き届かなくなります。
要するに体の錆を助長してしまいます。

お酒は利尿作用によって体内から水分を奪いますし、
活性酸素も増やしてしまいます。
活性酸素は加齢臭の増加を促すことが知られています。

活性酸素はストレスによっても増えます。
ストレスを減らすことが実は加齢臭対策にもなるのです。


若い女性から臭うことも


女性にも起こる加齢臭ですが、若くても出るといわれています。

一般的に女性の場合は、閉経頃から加齢臭が
始まると言われています。

もちろん個人差があり、加齢臭が出るかどうかは、
生活習慣が大きく関係してきます。

若い女性でも生活習慣が乱れ、体が酸化している方は
若いうちから加齢臭がしてきます。

現代社会では生活習慣の乱れが大きいため、
加齢臭は弱年齢化してきています。

昔に比べ、脂っこい食事が増えているため、
血液がドロドロになりやすく、脂肪酸が酸化しやすいのです。

そうなると加齢臭が起きやすくなるので、若い方は食生活の乱れから
早い年齢でも加齢臭を引き起こされてしまうことがあります。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - ニオイ ,