これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

インフルエンザの予防接種は妊婦は受けても良いの?妊娠初期でも大丈夫?

1105yobou

インフルエンザの重症化を防ぐためにもインフルエンザの予防接種はした方が良いわけですが、妊婦さんはどうなんでしょうか。

赤ちゃんに影響はないのでしょうか。

特に妊娠初期の大事な時期だと余計気になります。

そこで、インフルエンザの予防接種は妊娠中に受けても良いのか、厚生労働省の見解とともに紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種は妊婦さんは避けるべき?

妊娠中のインフルエンザワクチン接種
インフルエンザ予防接種は、妊婦さんは赤ちゃんへの影響を考え、避けるべきなのでしょうか。

そもそもインフルエンザ予防接種は、インフルエンザの重症化を防ぐためにインフルエンザワクチンを体内に入れるというものです。

このワクチンが妊娠中の胎児に悪影響がないのかが心配なわけです。

結論は予防接種をしても良いことになっています。

インフルエンザワクチンというのは不活化ワクチンといって、死んだウイルスを使用して作られています。

毒性はありませんので、妊娠中にインフルエンザの予防接種をしたからといって、お母さんの体や胎児に対する影響は極めて低いとされています。

むしろ、ワクチンを体内に入れることのリスクよりも、インフルエンザを発症してしまった時の方が、胎児への影響は大きいと言われています。

ちなみにインフルエンザの予防接種をしたからといって、母乳を介して赤ちゃんに影響を与えることもないとされています。

インフルエンザワクチンと防腐剤
インフルエンザワクチンには、防腐剤として有機水銀(チメロサール)が入っているものがあります。

有機水銀(チメロサール)は妊娠中の母体にも胎児にも影響がないものですが、有機水銀(チメロサール)が含まれないインフルエンザワクチンもあるので、気になる方は病院で確認すると良いでしょう。

希望すれば、防腐剤が入っていないワクチンを接種出来ることがほとんどです。

インフルエンザ予防接種は妊娠初期は避けるべき?

妊娠初期
妊娠中であってもインフルエンザの予防接種は受けても大丈夫です。

しかし、妊娠初期はとてもデリケートな時期なので、この間だったら少し心配ですよね。

妊娠初期にインフルエンザの予防接種を受けたことによる流産や先天異常の発生リスクが高くなったという報告はありません。

それでも、お医者さんによっては避けたほうが良いとする意見があります。

妊娠初期は自然流産の起こりやすい時期でもあるからです。

妊娠初期でインフルエンザの予防接種を検討しているのでしたら、一度かかりつけの先生に確認しておくようにしましょう。

いつ頃を避ける
インフルエンザの予防接種は、妊娠初期を含め、全期間で悪影響は無いとされています。

しかし、インフルエンザの予防接種に関係なく、流産の可能性が高い時期ですから、避けるように助言する医師は少なくありません。

いつ頃まで避けるかも医師によって違いがありますが、概ね16週くらいまでは避けるようにしているようです。


妊婦さんにインフルエンザ予防接種 厚生労働省の見解は?

厚生労働省
妊娠中におけるインフルエンザの予防接種はどの時期でも問題ないとされていますが、厚生労働省の見解はどうなのでしょうか。

厚生労働省では、妊娠されている方々を優先接種の対象としているくらいです。

WHO(世界保健機関)
海外の事例として、妊婦さんが新型インフルエンザに罹った場合、重症化するリスクが高いという報告がされています。

WHO(世界保健機関)でも妊娠している方をワクチン接種の優先対象としています。

これに習い、日本でも優先接種の対象としています。

akachan

インフルエンザ予防は妊婦さんだけではダメ

重症化を防ぐもの
インフルエンザの予防接種をしたからといって、インフルエンザに罹らないわけではありません。

予防接種はあくまでも罹った時に重症化を防ぐためのものです。

だから妊娠中であれば、インフルエンザに罹らないように細心の注意をする必要があるのです。

家族で予防接種
インフルエンザの感染経路として多いのが家族から感染するという場合です。

妊娠中のお母さんがいくら気をつけていても旦那さんをはじめとした家族がインフルエンザに感染しては危険です。

旦那さんをはじめ、家族全員に予防接種を受けてもらうことからはじめましょう。

そして、家族でインフルエンザに感染しないように気をつけましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 ,