これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

真駒内花火大会2017を見るならオススメのホテル・宿はここ!

0616hanabi

真駒内花火大会は、北海道で最大規模の花火大会のため大人気です。

混雑を避けるためにホテルに宿泊してはどうでしょうか。

宿泊することでゆっくりと花火を楽しむことが出来ますし、観光にも便利です。

真駒内花火大会が見えるおすすめのホテルと周辺の旅館などを紹介します。

スポンサードリンク

北海道真駒内花火大会

北海道真駒内花火大会の正式名称は「家庭教師のアルファPresents 第7回北海道真駒内花火大会」です。

花火大会が行われるのは、真駒内のセキスイハイムスタジアムで、ここでしか見れない花火と音楽と照明炎を融合させた演出、光のアートが魅力です。

オープニング演出には「WRECKING CREW ORCHESTRA」(レッキンクルーオーケストラ)が参戦します。

また、世界中の音楽花火大会で活躍している有名な丸玉屋や全国の花火競技会で何回も賞を獲得している紅屋青木煙火店による打ち上げもあります。

真駒内花火大会は他の花火大会のように、河川敷、公園、港などで開催されるわけではなく、開催場所がスタジアムなので、外からでも遠くからでもある程度見ることはできますが、ぜひスタジアム内の有料観覧席で見られることをおすすめします。

会場内で見るのは断然迫力が違います。

<開催日時>

日時:2016年7月8日(土)

時間:19:50~21:00

荒天の場合:雨天決行(荒天時は7月9日(日)に延期)

打ち上げ数:約22000発

2016年の人出:約2万人

交通:地下鉄真駒内駅からから臨時シャトルバスで10分(有料210円)

駐車場:なし

会場周辺の交通規制:あり(会場周辺の一部、会場付近の駐停車不可)

有料席:あり
アリーナエキサイティングシート8000円、アリーナ椅子指定席3800円、
スタンドDREAMシート5600円、スタンド指定席3900円、スタンド自由席2900円

打ち上げ場所:北海道札幌市南区真駒内公園3-1 真駒内セキスイハイムスタジアム


北海道真駒内花火大会を見るならアパホテル&リゾート札幌


アパホテル&リゾート<札幌>

アパホテル&リゾート札幌は、真駒内花火大会の会場のすぐ目の前にある全903室の北海道最大級の大型リゾートホテルです。

最寄り駅からは少し離れていますが、市内中心部へ無料送迎バスが毎日運行されています。

お風呂は自然石のやさしい肌触りがうれしい「露天風呂」や木のぬくもりが心地よい「木香風呂」など湯めぐりが楽しめる多種多彩なお風呂が16タイプもあります。

<電車>
地下鉄南北線真駒内駅行き乗車
じょうてつバスに乗換え約10分

<車>
国道36号線を札幌方面へ15分千歳IC~北広島IC~国道36号線を札幌・定山渓方面へ
石山通り沿いに約55分

新千歳空港からホテル直行バス運行※有料バス(北都交通バス)

北海道真駒内花火大会を見るなら定山渓ビューホテル


定山渓温泉 定山渓ビューホテル

真駒内花火大会の会場からは少し離れてしまいますが、定山渓温泉街という所があります。

地下鉄真駒内駅からだとバスで最短42分で行ける「札幌の奥座敷」と呼ばれるほどの古風な佇まいを感じさせる温泉街です。

この定山渓温泉の中でも、宿人気ランキング上位に必ずランクインしているのが、定山渓ビューホテルです。

真駒内花火大会を見るなら定山渓温泉まで足を伸ばし、定山渓ビューホテルに宿泊するのがオススメです。

宿泊費が1人1泊約6000円からととてもリーズナブル。

温泉はもちろんですが、ラグーン王国という水着で入る温水プール施設を完備していて、子供連れの家族には大人気です。

<電車>
JR千歳線、札幌駅からバスへ乗換え、定山渓温泉東2丁目下車

<車>
国道36号線を札幌方面へ~千歳IC~北広島ICを札幌方面、
国道230号線を定山渓方面へ
札幌より車で50分

花火が見られる部屋に泊まりたい!
>>花火大会周辺の宿を探す

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 花火 ,