これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

滑舌を治して声優になりたい 原因と簡単にできる方法

maiku2

声優は滑舌が良くなければ、何を言っているのか伝わらなくなってしまいます。

声優になりたいが滑舌が悪い。

どうすれば滑舌って良くなるの?簡単にできる方法ってあるの?

こういう疑問を持っている声優志望の方も多いでしょう。滑舌が悪くなる主な原因と改善方法をお伝えします。

スポンサードリンク

滑舌が悪いのは治るの?


声優になりたいのが、滑舌が悪い。

声優になるために滑舌をよくするにはどうしたらいい?どのような練習をすればいい?そもそも滑舌が悪いのって治るの?と心配される方も多いです。

滑舌が悪い方は、舌が硬かったり、息の瞬発力がない、表情筋が固い、顔の輪郭や歯並びの影響によって悪い場合など様々な原因があります。

しかし、ほとんどの場合、話している時の呼吸方法が悪かったり、口をあまりあけないで話していることが原因なので、呼吸法や口の正しいあけ方の矯正で治す事ができます。

滑舌が悪くなる主な原因


声優を志望しているのに滑舌が悪いからとあきらめてしまっている方も多いのではないでしょうか。

滑舌が悪い原因はいろいろとあります。

舌が硬かったり、舌足らずなどの舌の関係。顔の輪郭や歯並び、八重歯、受け口等の歯の関係。表情筋が固い。息の瞬発力がない。アゴが発達していないなど原因として考えられることはいくつもあります。

一番多いのは話している時の呼吸方法が悪く、そもそも口をあけないで話しているからなのです。

これらは、呼吸法や口の正しいあけ方の矯正で治す事ができます。

滑舌を治して声優になる夢に挑戦しましょう。

滑舌が悪くなる主な原因に話している時の呼吸方法に問題があります。

スポンサードリンク

胸でする浅い呼吸の事を「胸式呼吸」といいます。

浅い呼吸の胸式呼吸は、体内に出入りする息の量が少ないのです。

声というのは吐く息に乗って生まれるものです。

息の量が少ないという事は途切れ途切れの話し方になってしまうのです。よって滑舌が悪くなってしまいます。

滑舌を良くするには


声優になりたいのであれば、滑舌が悪いのを治さなければ、夢に近づくことが難しいでしょう。

声優が滑舌がいいのは、正しい発声練習で滑舌を良くする訓練を行なっているからです。

滑舌を良くして響く声になるには、正しい呼吸法を身につける必要があります。

先程も述べましたように滑舌が悪くなる主な原因に呼吸方法に問題があり、胸式呼吸だと滑舌が悪くなってしまいます。

では滑舌を良くするにはどのような呼吸法が良いのでしょうか?

横隔膜を上下に移動させることで行う呼吸法のことを「腹式呼吸」と言います。

腹式呼吸は胸式呼吸とは反対に息の量が増え、よく通る声になります。

声優はスムーズに話すことが必須のお仕事です。

呼吸のコントロールを身につけることは声優にとって必要不可欠です。

滑舌を良くするために腹式呼吸を身につけましょう。

また「すっ」で息を吐き、息に瞬発力をつける訓練も行いましょう。

繰り返し何度も練習することで瞬発力がつきます。

そして、「すーっ」と言いながら、10秒間で息を吐くようにして、正しい呼吸のコントロールを身につけましょう。

まとめ


声優が滑舌が良いのは訓練を重ねているからです。

滑舌は練習すればするほどよくなってきます。

滑舌を良くする方法としてまず、呼吸量を増やす事です。腹式呼吸を身につけましょう。

また、自分の発声の癖を知り、効果的な発声の練習を行うことで、はっきりとした響きで、聞いている人に伝わるようになります。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 ,