これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

おいしいタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニの選び方と食べ方とは?

kani

高級食材であるタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニが手に入ったら、
できるだけおいしく食べたいものです。

おいしい食べ方には、どんなものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

いくつかカニのおいしい食べ方と
おいしいタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニの選び方を紹介します。

カニのおいしい食べ方とは?


生きたカニが手に入った場合は、刺身として食べるのがおすすめです。
カニの食べ方の中で、一番贅沢な食べ方なのではないでしょうか?

刺身にするには、生きたカニ使う方のが適切です。
なのでスーパーなどで売られているカニで
刺身用のものはまずありません。

以前はカニの刺身は高級料亭やカニ料理の専門店でしか
食べられませんでした。

今は通販で生きたカニが手に入ります。
ご家庭でぜひカニの刺身を食べてみてください。

カニ鍋もおいしい食べ方ですね。
昆布でダシをとり、野菜と一緒に煮込むだけでよいのでとても簡単。

ボイルされたカニの場合、長く加熱しないようにしてください。
長く火を通すと、身が小さくなり、固くなって美味しさが
半減してしまいます。

カニは茹でてもおいしいですね。
冷凍された茹でガニは、解凍すればそのまま食べられます。
おいしく食べるコツは冷蔵庫でゆっくり解凍することです。

カニは焼くと甘みが強くなって風味が増します。
焼き網が熱くなっていないと、カニがくっついて
しまいますので気をつけましょう。

スポンサードリンク

最初に強火でカニの両面をサッと焼き、旨みを閉じ込めてください。
あとは焼きすぎないようにじっくりと火を通せばOKです。

おいしいタラバガニの選び方


大ぶりで身の多いタラバガニ。
おいしいタラバガニの選び方は、重みのあるものを選んでください。

脱皮直後のタラバガニは味が落ちるので選ばないようにしましょう。
脱皮直後かどうかは、甲羅の硬さと見た目で判断します。

触ってみて甲羅が硬く、綺麗なものより、
汚れているものを選んでください。

大ぶりなタラバガニを自宅で茹でるとなると
それなりの大きな鍋が必要になります。

また、茹でる塩加減や茹でる時間はとても微妙で難しいです。
なのでおいしいタラバガニを食べるには、
プロにボイルしてもらったカニを手に入れたほうが失敗がないです。

おいしいズワイガニの選び方


おいしいズワイガニの選び方は、同じような見た目でも
重い蟹を選んでください。

脱皮してから日が浅いズワイガニは身がスカスカです。
甲羅が柔らかいものは避け、硬くて汚れた
甲羅をしているものを選んでください。

そして、腹側を必ずチェックして白いものは避け、
アメ色になっているものにしましょう。

おいしい毛ガニの選び方


おいしい毛ガニの選び方は、身の詰まっているものを選びましょう。
ずっしり重いものを選んでください。

どのカニにでも共通していえるのですが、
脱皮してから日が浅いものは身が詰まっていません。

それを見極めるのは、甲羅の硬さと汚れ具合です。
硬くて汚れているものを選びましょう。

また、旬の時期に購入すべきです。
旬でないものは味が落ちます。

値段が安いものは、旬ではないものだから
かも知れませんので注意が必要です。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 食品 , ,