これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

背中の痛みが右側に出る場合に考えられる内臓の病気とは?

katasenaka

背中の痛みが右側にだけ出たことはありませんか?

背中が痛くなるのは、筋肉痛や打撲が一般的ですが、内臓の病気のサインとして出ている場合があるのです。

そこで、背中の痛みが右側に出る場合に絞って、考えられる内臓の病気ついて紹介します。

スポンサードリンク

背中の痛みが右側に出る

背中の痛みが右側に出るのは、ほとんどの場合、筋肉痛や打撲、外傷によるものです。

中には天候によって神経痛のように背中に痛みが出る方もいます。

脊柱の異常によって起きる場合もあります。

しかし、内臓の病気が原因となってサインとして出ている場合があります。

背中の痛みが右側に出る病気は、主に胆嚢の病気や十二指腸潰瘍、それに肝臓の病気です。

右腎臓結石や右尿管結石といった結石が右側に出来ることで、背中の痛みが右側に出ている場合もあります。
>>背中の痛みが肩甲骨に出る場合とは?痛む場所別の病気との関係

背中の痛みが右側に出る病気

胆嚢
背中の痛みが右側に出る病気としてまず考えられるのが胆嚢の病気です。

胆石症(たんせきしょう)や胆嚢炎(たんのうえん)、胆管炎(たんかんえん)、胆嚢がん、胆管がんなどがあります。

胆石症は、胆汁の通り道である肝臓や胆嚢、胆管に胆汁の成分が固まって出来る結石のことで、この結石の位置によって肝内結石となったり、胆嚢結石となったり、胆管結石と病名が変わります。

肝臓でつくられた胆汁は、胆嚢という袋に蓄えられ、必要なときに胆管という管を通って十二指腸の中に排出されます。

胆嚢や胆管に結石が出来ることで、詰まり、腸内雑菌が胆汁に感染して炎症が起こり、胆嚢炎や胆管炎が起こります。

がんになれば胆嚢がん、胆管がんとなります。

これらの胆嚢の病気になると、背中の痛みが右側の下の方に出やすいです。


十二指腸潰瘍
十二指腸潰瘍も背中の痛みが右側に出る原因として考えられる病気です。

痛くなるのが、空腹時に背中の痛みとともに右のみぞおちが痛くなってくることが多いです。

同じような症状で左側に痛みがある場合には、胃潰瘍であることが多いです。

肝臓
背中の痛みが右側に出て、発熱や吐き気、嘔吐、食欲不振などの症状があるようでしたら、肝臓の病気の可能性が考えられます。

背中の痛みが右側に出ているのでしたら、左腕の手のひらを背中に回し、右の肩甲骨の下あたりに当ててみてください。

当てて痛みがなくても若干盛り上がっているようでしたら、肝臓の病気の可能性があります。
>>背中の痛みが真ん中に出ている時に考えられる2つの原因とは?

背中の痛みが右側の腰に出る病気

腰痛
背中の痛みが右側に出るので、一番多い症状は腰痛です。

腰痛が左右が均等ではなく、右に偏っているため、右側に痛みが出ているのです。

日本人は右利きが多いので、体の右半身に負担がかかる方が多いということになります。

これが右に偏って腰痛が発症する原因の1つとなっています。

右腎臓結石・右尿管結石
腰痛が出ているのは病気の影響かもしれません。

背中の痛みが右側に出る腰痛として考えられるのが、尿の通路に石が詰まってしまう尿管結石症の中でも、腎臓結石(じんぞうけっせき)が右側にある場合や右尿管結石(うにょうかんけっせき)です。

どちらも発症した場合には、激痛を伴うことがほとんどで、早急な対応が必要となります。
>>背中の痛みが左側だけに出るのは病気のサインかも?考えられる病気とは?
>>背中の痛みが左に出る膵臓の病気 腰痛と勘違してしまい危険

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 背中の痛み