これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

ボージョーレーヌーボーに解禁日がある理由と白はあるの?

bojore

今やすっかり秋の風物詩として定着したボージョーレーヌーボー。

ボージョーレーヌーボー解禁の季節になると様々な種類のものが
店頭に並びますが、赤ワインばっかり。

ボージョーレーヌーボーって白は無いの?という疑問を持つ方もいるでしょう。

少ないけれど白も置いてあったという方もいます。

スポンサードリンク

そこで、ボージョーレーヌーボーに解禁日がある理由と
ボージョーレーヌーボーの白について調べてみました。

11月第3木曜日が解禁日のワケ


ボージョーレーヌーボーには解禁日があり、毎年ニュースで取り上げられていますね。

この解禁日なんですが、現在は11月の第3木曜日と決まっています。
以前は11月15日と日にちが決まっていました。

しかし、ボージョーレーヌーボーの生産地、
フランスでは日曜はほとんどのお店が営業していません。
よってワイン運搬業者もほとんどが休みとなっています。

11月15日が土日にあたると売上に大きく影響が出てしまうので、
1985年より11月の第3木曜日を解禁日と改定されたのです。

何故解禁日があるの?


ボージョーレーヌーボーには、何故解禁日があるのですが、
過去に競って出荷しようとして、

ワインとして出来上がっていないものを
出荷してしまう事があったためです。

ボージョーレーヌーボーのヌーボーとは、新酒という意味です。

その年の8月下旬から9月にかけて収穫された葡萄で、
僅か2ヶ月半の間に醸造、瓶詰めされて出荷される
早出しのワインのことを指しています。

ボージョーレーは地域の名前なので、
ボージョーレーヌーボーとは、
ボージョーレー地区で生産された
新酒のワインという意味になります。

スポンサードリンク

これは、その年のブドウの出来を確認するためのもので、
通常のワインよりも早く飲めなければ意味がないので、
ブドウを収穫した年の11月に出荷をしているのです。

ボージョーレーヌーボーに限らず、
全てのAOCワイン(フランスワインの中でも最高級ワイン)は、
解禁日が決められています。

基本的には12月15日が解禁日ですが、
その年の天候などを考慮して12月15日より
早く販売されるAOCワインもありますし、
解禁日が翌年になっているAOCワインもあります。

ボージョーレーヌーボーの白とは?


「ボージョーレーヌーボーの白」というものはありません。
「ボージョーレーの白」はあります。

ボージョーレーヌーボーは、ボージョーレー地区で
生産された新酒のワインで、
これにはガメイ種と言う葡萄を使う事が決まりとなっています。

ガメイ種は赤ワイン用の品種ですので、
ロゼは造れても白は造れませんので、
「ボージョーレーヌーボーの白」というものは存在しません。

ヌーボーの白は存在します。
ブルゴーニュ地方のマコン・ヴィラージュや
ロワール地方のミュスカデなどボージョーレー地区以外では
白のヌーボーは作られています。

ボージョーレーヌーボーと一緒に店頭で見かける白は、
ボージョーレーヌーボーの白ではなく、
ボージョーレーの隣のマコンという地域で
作られたヌーボーが多いようです。

また、ヌーボーはボージョーレー地区以外の
世界中のワイン生産地でも造られています。

もちろん日本でも。
日本のワインにもヌーボーはあるということです。

まとめ


ボージョーレーヌーボーの解禁日は、
11月の第3木曜日と決まっている。

ワインとして出来上がっていないものを
出荷してしまう事があったため解禁日を設けた。

ボージョーレーヌーボーの白はないが、
ボージョーレー地区以外では白のヌーボーは作られている。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 食品 ,