これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

腸閉塞の原因、機械的腸閉塞とは?腸閉塞の症状と検査の方法

heisoku

腸閉塞は口から摂取した食べ物などが小腸や大腸に詰まった状態のことです。

症状がひどい時には腸が圧迫されたり、ねじれたりすることよって、早期に手術をしなければ命にかかわることもある怖い病気なのです。

スポンサードリンク

そこで腸閉塞の原因で一番多い機械的腸閉塞というものについて紹介します。

また、腸閉塞の症状と治療方針を決める検査の方法についても紹介します。

腸閉塞の原因

 
腸閉塞の原因は、食べ物や飲み物、それに消化液などが
小腸や大腸に留まる通過障害です。

小腸や大腸に留まることによって腸が張ってくるので、腹部が痛くなりますし、肛門の方へ進めなくなった腸の内容物が逆流して口から出ようとするので吐き気を催し、嘔吐したりします。

また、腸が締め付けられて激しい腹痛が起きることもあります。

腸閉塞が起こる原因には大きく分けて機械的腸閉塞と機能的腸閉塞というものがあります。
そして腸閉塞の原因の90%以上が機械的腸閉塞です。

機械的腸閉塞が起きる原因は、
腸が外側から圧迫されたり、ねじれたりするからです。

過去にお腹を切る開腹手術をしたことがある方は、腸と腹壁または腸同士がくっつく、癒着というものが起きやすいです。

この癒着の影響で他の腸が圧迫されたり、腸が詰まってしまうのが機械的腸閉塞の原因で一番多いものです。

ほかには、腹部で腸以外の場所にしこりができて、それが腸を圧迫したり、腸に酸素や栄養分を送る血管が入った膜腸間膜というものが圧迫されることで血流障害を起こして腸閉塞になることがあります。

また、腸が比較的長い人がいるのですが、そういう方だと自然に腸がねじれてしまい、腸閉塞になる事があります。

ほかにも高齢の女性によく見られる腸閉塞として、大腿ヘルニアと呼ばれる腹部の色々なくぼみに腸がはまり込んでしまうことが原因で腸が詰まることがあります。

機能的腸閉塞の原因は、腸の動きを司る神経の麻痺や痙攣です。
腹膜炎を起こすと直後に見られる腸管運動麻痺による麻痺性腸閉塞と呼ばれるものが機能的腸閉塞にあたります。

また、腸管が部分的に痙攣することによって、食べ物や飲み物、消化液の通過障害が起き、腸管運動が落ちるので腸の内容物が停滞して腸閉塞になるのも機能的腸閉塞です。

腸閉塞の症状

腸閉塞の症状には主なものとして、
腹痛・腹部膨満・嘔吐・排便、排ガスの停止があります。

食べ物や飲み物、それに消化液などが腸で通過障害を起こした場合、これらを下へ下へと流そうとしますので腸が活発に活動します。

腸の活発な運動に左右され、腹痛が強くなったり、弱くなったりして起きます。

腸が締め付けられる腸閉塞もあり、この場合、急激な腹痛に襲われ、痛みは連続して続きます。

この状態だと腸への血管も同様に締め付けられるため、血液が腸へ上手に流れていかず、腸が腐ってしまい、穴が開くので内容物が腹部の中に広がり腹膜炎を起こします。

この時の症状は、時間の経過と共に顔面が蒼白となり、冷や汗がみられ、脈や呼吸が弱くなり、その後速くなりショック状態に陥ります。

腸閉塞を起こしている場所より上の場所には腸の内容物がたまり、腸管が拡張し腹部膨満が起きます。

閉塞部がそのままだと腸の内容物は逆流を起こし嘔吐するようになります。

嘔吐の吐物は、最初は胃液、胆汁ですが、症状が進行すると下痢便のような色で便臭を伴うようになります。

腸閉塞を起こしている場所より下の場所では、腸の内容物が肛門へと流れていかなくなりますので、排便、排ガスが停止してしまうという症状が起きます。

スポンサードリンク

腸閉塞の検査方法

腸閉塞を調べるにはどのような検査方法があるのでしょうか。

腸閉塞は、手術後の腸の癒着などが主な原因で、腸の癒着によるねじれの場合などでは激痛が走り、緊急手術が必要な場合もあります。

腸閉塞の状態にあることは容易に判断がついても、手術が必要かそうでないかの判断は容易ではありません。

問診や全身状態の判断をもとにいくつかの検査をおこなって、総合的に治療方針は決められていきます。

腸閉塞の検査方法は、全身状態の判断の為にまず血液検査を行い、炎症の強弱や脱水の状態、臓器障害の有無を判断します。

次にX線写真、超音波検査、CT検査、小腸造影、注腸検査、内視鏡検査、血管造影、MRIなどが行われます。

腸閉塞は単純性・複雑性・麻痺性・痙攣性と4つに分類

され、それぞれ症状や治療法、検査の仕方が違います。

単純性
単純性の場合、腸管の内腔の閉塞のみで、大腸がんや腸炎などの術後の腸管癒着が原因として多いです。
検査の方法は、腹部レントゲン写真で診断がつくことが多いのですが、原因を詳しく調べるには大腸検査が必要となります。

複雑性
複雑性の場合、腸管の閉塞に血行障害を伴い、急激な腹痛が持続的にあり嘔吐をします。
検査の方法は、単純性と同じく腹部レントゲン写真で診断できます。
原因を詳しく調べるには、開腹手術が必要となります。

麻痺性
麻痺性の場合、腸管を支配する神経の機能低下によって、腸管運動が麻痺してしまい、腸の内容物が移動しない状態で、腹部に膨満感があり、痛みを伴うこともあります。
検査の方法は、腸管運動における腸蠕動や腸雑音の消失を調べます。

痙攣性
痙攣性の場合、腸管の一部が痙攣を起こして腸管神経の障害が原因で周期的な腹痛や嘔吐、便秘や腹部膨満感があります。
検査方法は腹部レントゲン写真や腹部超音波で確認します。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 腸閉塞 ,