これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

尿漏れ、女性の場合の原因 40代・50代が一番多い理由と改善策

boukouen2

尿漏れは女性の場合、40代・50代が一番多いのですが、40歳を過ぎると、3人に1人の女性が尿漏れを経験すると言われています。

さらに50歳前後になると、もっと多くの女性が尿漏れに悩むようになります。

スポンサードリンク

自分の意志とは関係なくしてしまう尿漏れ、女性の場合の原因と40代・50代が一番多い理由について紹介します。

また、改善するためのおすすめエクササイズについても紹介します。

 

尿漏れ、女性の場合の原因とは?

尿漏れ、女性の場合は出産を機に経験する方が多いです。

尿漏れを起こしてしまうのは、
骨盤底筋という排尿や排便をコントロールする筋肉の衰えです。

骨盤底筋は子宮や膀胱などの内臓を支えていて、太ももの内転筋や腹筋、背筋などに繋がる筋肉なのですが、この筋肉が衰えてしまうと、尿道や膣を締める力が弱まってしまうので、尿漏れが起きます。

尿漏れを起こしてしまう原因となる骨盤底筋が衰えてしまうのが、出産によるものなので、出産を機に経験する方が多くいるのです。

また、加齢や長時間のデスクワークによる筋力の低下、無理な排尿や排便なども原因となるため、若い世代でもなります。

40代・50代になると増えるのは、加齢によるもので、骨盤底筋が衰える年齢だからです。

 

尿漏れ、女性は40代・50代が一番多い

尿漏れ、女性は40代・50代が一番多いのですが、若い世代でもみられます。

年齢別尿漏れ経験割合
20代…約20% 30代…約30%
40代…約50% 50代…約45%
60代…約35% 70代以上…約30%

40代・50代が多い原因
40代・50代が一番多く、40代の女性では3人に1人以上が尿もれを経験しています。

骨盤底筋という筋肉の衰えもありますが、この年代だと
更年期とも深く関わっています。

更年期によって女性ホルモンの量が減ることで、子宮や卵巣が縮小し、内臓の位置が変化することが影響しています。

それに筋力の衰えが見え始める年齢のため、尿道周辺の筋肉が緩みだすことで尿道を締める働きが弱くなるからです。

スポンサードリンク

腹圧性尿失禁
40代・50代女性の尿漏れの原因で一番多いのが、腹圧性尿失禁というものです。

腹圧性尿失禁とは、骨盤底筋の衰えによって、
尿道をうまく締められなくなり、
尿漏れを起こす病気です。

症状としてはせきやくしゃみ、荷物を抱えた時やスポーツで走った時など、お腹に強い力がかかった時に
自分の意志とは関係なく
尿漏れを起こしてしまいます。

 

尿漏れ、女性の場合の改善エクササイズ

尿漏れは女性の場合、40代・50代が一番多いのですが、その原因の根本は骨盤底筋という筋肉の衰えなので、この筋肉を鍛えることで尿漏れを防ぐようにしましょう。

軽い尿漏れなら日常的にできるエクササイズで改善が期待できます。

どこでも出来る
場所を選ばず、どこでも出来る方法を紹介します。
電車通勤中などにもできます。

立った状態で肩幅程度に足を広げてください。

息を吸いながら、5秒ほど時間をかけて、膣を上に引き上げるようなイメージをして締めてみましょう。

締めた状態で息を止めて、5秒我慢します。

5秒たったら、ゆっくり息を吐きながら、再び5秒ほどかけて体の力を抜いていってください。

これを繰り返すだけです。

ワイドスタンススクワット
背筋はまっすぐ立った状態でつま先を外に広げ、なるべく大きく足を広げてください。

バランスが保てないようでしたら、イスなどに掴まっても構いません。

お腹を引っ込めて、膝をゆっくりと90度以内に曲げて、体を沈めていきます。

膝をゆっくり元に戻していき、膝が伸びきったところで膣と肛門をキュッと締めてください。

これを繰り返します。

15回1セットで1日2セットやってください。
毎日やる必要はありません。
1日おきや3日に1回で十分です。

仰向け
寝れるスペースがある場合、寝た状態で足を肩幅に開いて、少し膝を立ててください。

息を吐きながらお尻の穴をギュッと締める感覚で力を入れ、息を吸いながら緩めていってください。

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 , , ,