これって、そうなんだ~!

役立つ豆知識をがんばって紹介しています

恥骨が痛い男性の主な原因 男性特有の病気、前立腺炎かも

chikotsu

恥骨が痛いというのは、男性よりも女性に多く、妊娠中や産後の方や更年期の前後の方に多く見られます。

最近、恥骨が痛くなったのですが、最初、痛くなった場所が「恥骨」というのかさえわかりませんでした。

スポンサードリンク

女性の方が多い恥骨の痛みについて男性の場合、どのような理由があるのか調べてみました。

恥骨とは?


恥骨が痛いのは男性よりも女性が圧倒的に多いです。

しかし、私が恥骨が痛くなったので、男性で痛いという場合について調べてみます。

その前に恥骨とは?という方もいらっしゃるでしょう。

恥骨は骨盤の前面部を形成する左右一対の骨のことをいいます。太ももの付け根の所です。へその真下にある板状の軟骨で左右の恥骨はつながっています。

恥骨が痛いという場合、この板状の軟骨との結合部が痛いことが多いです。

恥骨の痛みの主な原因


恥骨が痛いのは男性よりも女性が多いのは、妊娠中や産後に痛くなるからです。

妊婦さんの恥骨痛についてはこちらで紹介しています。
>>妊婦さんの恥骨痛の症状と原因、改善するには?軽くするための予防法は?

これは当然男性にはないことなので、原因としてはあり得ませんね。

では男性に起こる恥骨の痛みの主な原因とはどういったものがあるのでしょうか?

一番多いのはスポーツや運動などで痛めることです。

特にサッカーは激しい切り返しやキックの動作において、恥骨部分に大きな負担がかかっています。

スポンサードリンク

ランニングや水泳などのスポーツでも起こりやすいですし、股関節への無理なストレッチでも恥骨の痛みを引き起こすことがあります。

次に多いのが姿勢です。重心が左右のどちらかに偏った姿勢をしている方や上半身が真っ直ぐになっていなくて前屈みぎみになっている方など姿勢のバランスが悪いと恥骨の痛みを起こすことがあります。

バランスの悪い姿勢は、骨盤が徐々に開きますので恥骨結合部に負担がかかるのです。

前立腺炎かも


妊娠中や産後に恥骨が痛いことが多いため、男性よりも女性が多い恥骨の痛み。

しかし、妊娠による恥骨の痛みが女性特有に起こるものですが、男性だけに起こる原因もあります。

それは男性特有の病気、前立腺が炎症を起こしたことで発症する前立腺炎です。

前立腺炎は、年齢に関係なく発症する可能性があることで知られている男性特有の病気です。

前立腺炎の症状は、多岐に渡るのですが、その中のひとつとして、恥骨が痛いという状態になることがあるのです。

ただ、前立腺炎と恥骨の痛みの因果関係は、医学的にはまだよくわかっていません。

恥骨の痛みを改善することで前立腺炎が改善されるというケースが多々あるため、何らかの深い関わりはあるものだと推測されています。

スポーツはやっていないし、姿勢も悪くないのに恥骨の痛みがあるのなら、前立腺炎かもしれません。

まとめ


恥骨が痛いというのは、男性よりも女性に多い。

男性の場合、どのようなことで発生するのかというと、サッカーなど激しい切り返しやキックの動作などの動きをするスポーツと姿勢の悪さが原因。

男性特有の病気、前立腺炎によって恥骨が痛いという状態になることがある。

>>妊婦ではないのに恥骨痛が起きる場合の3つの原因とは?

スポンサードリンク


スポンサードリンク&関連コンテンツ

 - 健康 ,